本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > スミイカ

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2015年12月15日(火)

【宮本英彦の江戸前を釣る】エギで、スッテで、気軽に楽しめる東京湾のスミイカ釣り~実釣編:羽田 かみや
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズンインした東京湾のスミイカ釣り。今回は訳あって、エギ、スッテと2回に分けて釣行してきました。(羽田 かみや

12_r


船宿:羽田 かみや:@niftyつり
住所:東京都大田区羽田3-22-3
電話番号:03-3742-6904
料金:スミイカ 乗合1人 9,500円
備考:出船時間は7:30。

まずは大好きなデッドエギングからスタート。出船前の情報では潮の流れが良くないとのことでしたが、実のところ沖へ出てみないと分かりません。

 この日の使用タックル

タックルはいつも通り湾フグロッド、今回はシマノ リアランサー湾フグ180にリールもシマノのアルデバランで臨みます。

13_rタックルは、ほかの釣りのものが流用できます。


このロッドは穂先が繊細でエギングにはピッタリ。個人的には理想的といえるロッドです。
リールはいつもカワハギで使用しているもので、PEライン0.8号が巻いてあります。
このように専用のタックルでなくても、手持ちのタックルで十分楽しめる釣りです。
仕掛けは簡単なので、私は現場でセットします。
中オモリ10号を付けたら、リーダーに2.5号を1.5mとり、先に2.5号のエギをセット。
リーダーはこの日は手持ちが2.5号しかなかったのでそれを使用しましたが、理想は3号です。
一番悩むエギの選択ですが、過去の実績からアオリーQの2.5号であれば間違いありません。
カラーに関してもマーブルピンクかオレンジ、あとは釣れなかったら交換します。

14_r今回はこれらのエギでチャレンジ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月15日(火) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク

スミイカの記事