本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > アジ

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2015年10月 6日(火)

【宮本英彦の江戸前を釣る】最新釣法に目からウロコ、コマセアジ釣り~実釣編:金沢八景 米元釣船店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさに目からウロコ体験となった最新の湾アジ釣り。今回は実釣編をお届けします。(金沢八景 米元釣船店

13_r_2数も型も楽しめる東京湾のコマセアジ釣り。

金沢八景 米元釣船店@niftyつり
住所:神奈川県横浜市金沢区瀬戸2-19
電話番号:045-701-9539
備考:ショートLTアジ船(7:30出船 14:00頃帰港)\8,000(イワシミンチ、赤タン、氷1個付)女性・子供(中学生まで)割引あり。
要電話予約。毎週木曜日定休。

 港の目の前の近場からスタート

14_r_2今回利用したのは、金沢八景の米元釣船店。

釣行したのは平日だったので、左舷3名、右舷3名と計6名の乗船。私は左舷トモに入り、隣にカメラマンの佐藤氏が並びます。
何しろ佐藤氏はすっかり湾アジ釣りが気に入ってしまい、米元釣船店さんの常連となっています。
お蔭で色々とアドバイスを貰いながら仕掛けをセット、コマセカゴは船宿で借りられますのでそれを使用することに。

15_r_2この日のポイントは港を出てすぐの、水深15mからスタート。

すぐ近くには八景島シーパラダイスが見えます。こんな近くで極上の湾アジが釣れるんですね。
船長から指示ダナのアナウンスがあり、底から2m上げてくださいとのこと。
釣り方は事前に聞いていたので、以前のようにロッドを振ってコマセを出すようなことはしません。
コマセカゴが底に着いたら、リールのラインマーカーを見て2m巻き、そのまま待ち続けます。
たったこれだけで本当に良いのかと疑問が浮かびますが、ひとまず「郷に入れば郷に従え」精神でやることにします。
ただし、30秒ごとにタナを取り直さないと、タナがズレてしまって釣れません。
これだけはしっかり守り釣り続けますが、いまのところ船中誰も釣れていません…。
暫く小移動しながら釣り続けますが、アタリはなく、ここで大きく移動することになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月 6日(火) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク

アジの記事