本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 浦安 吉野屋

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2016年3月28日(月)

【宮本英彦の江戸前を釣る】魚との真剣勝負が面白い!湾フグ釣り~準備編:浦安 吉野屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の取材は湾フグ釣り。船宿はいつもの浦安吉野屋さんです。(浦安 吉野屋

01


浦安 吉野屋:@niftyつり
住所:千葉県浦安市猫実5-7-10
電話番号:047-351-2544
料金:フグ船乗合1人 大人8,700円(エサは1パック500円、氷は一つ100円で販売) ※乗船料は、女性1,000円割引、子供は4,700円。
備考:出船時間は7:00。火曜日定休。

 いつでも楽しめる湾フグ

吉野屋さんでは一年中湾フグ釣りで出船しているので、いつでも気軽に楽しむことができます。
ここでの狙いはあくまでショウサイフグ。ゲストでアカメフグやトラフグが混じることもあります。

02釣り場によってはアカメフグが釣れることも。


震災後の一時期は釣果が延びませんでしたが、一昨年から以前のように釣れ出し一安心。
そしてこれから水温が少しづつ上昇するに従い、釣果も上がり安定すると思います。
さらに5~6月になると白子が入り始め、これ目当てで多くの湾フグ師達が訪れるようになります。
また少しでも釣れ出すと平日にも関わらず、多くの湾フグ師の方が訪れ驚かされます。
なぜこれ程人気があるのか?これは一度やってみると理解できると思います。
ものすごく小さなアタリを感じ取り、掛けた後の喜びは実際に釣ってみると分かるでしょう。
私も始めの時期はカットー=引っ掛けのイメージがありましたが、やってみるとこれが大きな間違いだと気付きました。
一時的に深場で胴付き仕掛けの食わせ釣りを楽しんだ時期もありましたが、やはり湾フグ釣りの醍醐味はカットー釣りにあると思います。
富津の船宿はカットー禁止で食わせオンリーでやってますが、これはご当地の釣り方なので食わせ好きの方に向いているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月28日(月) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク

浦安 吉野屋の記事