本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【宮本英彦の江戸前を釣る】初釣りにオススメ!釣果安定のシロギス釣り~実釣編:本牧 長崎屋

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2016年1月 6日(水)

【宮本英彦の江戸前を釣る】初釣りにオススメ!釣果安定のシロギス釣り~実釣編:本牧 長崎屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真冬でも安定した釣果で、初釣りにお勧めのターゲットシロギス。本牧、長崎屋さんから出船した実釣編をお届けします。(本牧 長崎屋

11_r


本牧 長崎屋:@niftyつり
住所:神奈川県横浜市中区本牧元町33-4
電話番号:045-622-8168
料金:ショートシロギス船 乗合1人 大人7,500円(エサ、氷付き) ※女性、高校生以下は5,000円。
備考:受付は8:00まで、出船時間は8:30。毎週木曜日定休。
船宿HPのサービス券をプリントアウトして持参すると500円割引。また、平日に限り65歳以上500円割引。

 荒天のなかの釣行



12_r今回お世話になった本牧 長崎屋さん。


釣行したのは12月19日土曜日、この日は北風が強く吹き、シロギス釣りには不向きな状態でした。
私は右舷大ドモに入り、右舷5名、左舷5名の計10名で定刻8時過ぎに河岸払い。
最初の釣り場、中ノ瀬まで航程約20分で到着。ポイントの水深は23mからスタートです。
波が高く風も強いので、まずは軽くキャストして様子を見ることに。仕掛けは初めから長崎屋さんオリジナル胴付き仕掛け、オモリは15号統一です。

13_r今回は胴突き仕掛けてチャレンジ。


ラインが風で流されますが、サミングしながらラインの出を調整します。
底立ち確認後、わざと糸フケを出し、3~5秒に一度大きくロッドをあおってオモリを移動させます。
こうすることで仕掛けも同時に移動し、これが誘いとなり、後は次にロッドを上げるときにアタリを捉えるようにします。
数回目でクンッと手元に生体反応が伝わり、リールを巻くと20cm級のシロギス釣れました。

14_rまずまずのサイズ。


船が大きく流されるので、軽くキャストしてそのままでも相当仕掛けが流され、勝手に掛かってくることもしばしばあります。
ただ、やはりしっかりと誘いを入れた方がアタリが多く、シロギスの食いは良いと判断。
天秤の時はキャストしたら常にオモリをトントンしながら船下まで誘い、そのときに感じるアタリを捉えていましたが、胴付きの場合は誘う感覚を遅らせるイメージでしょうか。
何度も言いますが、風が強いので常にラインが流され、さすがに胴付きでもアタリを取り難いというか、取り辛いです。

15_r風が強く、ラインが流されてアタリを取るには厳しい状況でした。


それでも余分なラインを巻き取り、ロッドを大きく上げた時に、クンとかククンとアタリさえ感じ取れれば釣れる状況となってきました。
釣れるシロギスのサイズですが、23cmクラスも多く、そのときは思わずオオッ~と声が出てしまいます。

16_r_2思わず声が出るサイズも続々。


だだ、驚いたことに夏場に釣れるピンキスと呼ばれる10cmクラスも釣れてくるので、いつ産卵しているのかと疑問に思ったりもしました。
でも釣れるサイズは圧倒的に20cmオーバーが多く、これがこの時期最大の魅力といえますね。
しかし、シロギスはどこにでも居るとは限らず、突然釣れなくなったりするので、しっかり居やすい場所に固まって居ることが証明されました。
当然アタリが途切れるとポイント移動となりますが、大きな移動はせず、ほんの数分走る程度です。
このため移動で波を被るようなことはなく、釣り座を移動しなくて済みました。
長崎屋さんの船は常に海水が循環するので、桶に入れてもシロギスは元気に泳いでいます。

17_r釣果はとりあえず桶へ。


ただ針を飲み込んだシロギスは死んでしまうので、このようなシロギスは氷を入れたクーラーに仕舞うようにしましょう。
いくら気温が低いといっても 、まだ海水温は高いので、釣ったシロギスを美味しく食べるにはこうする方が良いでしょう。

 エサ付けの要点

良いポイントに入ると連発で釣れてきたりするので、こうなると手返し勝負です。
エサ付けですが、私は好んで青イソメの頭の固い部分から針を通しています。
理由はこうする事で1匹のエサで何匹も釣れるからなんです。何匹も釣りシワシワになった状態でも平気で釣れます。

18_r私は頭からハリに通すようにしています。


この辺が数を延ばす秘訣かもしれないので、是非一度試してみてください。
確かに胴体の方が食いが良いのは分かっていますが、この付け替えの手間を考えると頭の固い方が便利なので好んで付けています。
エサの付け方はタラシを5cm程度にすれば十分です。これ以上長くすると針掛かりが悪くなるので注意してください。

19_rタラシはこのくらい。


また、逆に1~2cmと小さくなってしまった場合、これでも釣れますがアピール力が弱まるので、そうなったら付け替えるようにしています。
ただ、入れ食い状態のときは1~2cmエサが残っていれば飛び付くので、状況次第で取り替えるようにしています。

 針交換の目安

また針交換も針先をチェックしがら行うこと。針先を爪に当て滑るようならすぐに交換です。
爪に当てて滑らないようでも、バラしが続いたら交換した方が良いでしょう。
シロギスの場合、仕掛けもシンプルで簡単な反面、針だけは常にチェックする必要があります。
以前はハリスを自分で結んでいましたが、今は市販の糸付きの針で問題ないのでそれらを使用しています。
もし針を飲み込まれたら、シロギスのエラに親指と人差し指を入れて、ゆっくりハリスを引っ張れば取れます。

20_rこうすると簡単に取れますよ。


よく鉄製の針外しを使用する方を見かけますが、コレを使うとハリスが痛み切れる原因となるので注意してください。

 安定した釣果で初釣りにもオススメ

シロギスの食いは決して悪くありませんが、風の影響で思い通りにロッドを操作することができず苦戦を強いられます。
2本針を使用している方はダブルで釣れたりと、魚影の濃さが証明されます。
船長からも2本針を薦められましたが、これだけ釣れているので十分だと伝え1本針で通しました。
最初は少し手間取っていた胴付き仕掛けですが、どうすればアタリを出し易くなるかも分かってきたので楽しめました。

21_rそれぞれの釣り方の要点を見出すのも面白く、それがウデとして身に着きますね。


これで船長が胴付き仕掛けを薦める理由も理解でき、その威力も良く分かりました。
でも、船長は「来られる場合は自分の好きな得意の仕掛けでやって下さい」とのことで、この人柄が長崎屋さんの人気の秘訣だと思います。
シロギス船は2時に上がるショート船で、これが人気とのことなので、当分このスタイルで行くそうです。

22_r人当たりの良い船長。初心者でも安心して釣りができますよ。


個人的には船に乗ったら長く釣りしたいタイプなので、少し釣り足りない気分でしたがこれも時代の流れでしょうか。
こうして激荒れのなかでの釣りとなりましたが、釣果は82匹と満足できました。
ただ、これがもう少し凪いでいれば数が延びたと思います。竿頭の方は常連さんで2本竿2本針を巧みに操り169匹と大漁。
帰宅後、大きなシロギスをフライで食べましたが、その美味しさに痺れました。
ピンギスも数匹混じりましたが、これはこの先有望だと言う証拠。
釣って楽しめ食べて楽しめる東京湾のシロギス釣り、1~2月でも釣れるので初釣りには最適だと思います。
出船時間もゆっくりなので、ノンビリ釣りしたい方にも向いてます。
凪いでいて上手く手が合えば100匹を釣るのもそう難しくありません。是非目指せ100匹を実現してみてはいかがでしょうか。

準備編はこちら
【宮本英彦の江戸前を釣る】初釣りにオススメ!釣果安定のシロギス釣り~準備編:本牧 長崎屋

協力:本牧 長崎屋



文:宮本英彦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月 6日(水) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


宮本英彦の江戸前を釣る」カテゴリの記事

シロギス」カテゴリの記事

本牧 長崎屋」カテゴリの記事

最近の記事