本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【宮本英彦の江戸前を釣る】エギで、スッテで、気軽に楽しめる東京湾のスミイカ釣り~実釣編:羽田 かみや

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2015年12月15日(火)

【宮本英彦の江戸前を釣る】エギで、スッテで、気軽に楽しめる東京湾のスミイカ釣り~実釣編:羽田 かみや
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズンインした東京湾のスミイカ釣り。今回は訳あって、エギ、スッテと2回に分けて釣行してきました。(羽田 かみや

12_r


船宿:羽田 かみや:@niftyつり
住所:東京都大田区羽田3-22-3
電話番号:03-3742-6904
料金:スミイカ 乗合1人 9,500円
備考:出船時間は7:30。

まずは大好きなデッドエギングからスタート。出船前の情報では潮の流れが良くないとのことでしたが、実のところ沖へ出てみないと分かりません。

 この日の使用タックル

タックルはいつも通り湾フグロッド、今回はシマノ リアランサー湾フグ180にリールもシマノのアルデバランで臨みます。

13_rタックルは、ほかの釣りのものが流用できます。


このロッドは穂先が繊細でエギングにはピッタリ。個人的には理想的といえるロッドです。
リールはいつもカワハギで使用しているもので、PEライン0.8号が巻いてあります。
このように専用のタックルでなくても、手持ちのタックルで十分楽しめる釣りです。
仕掛けは簡単なので、私は現場でセットします。
中オモリ10号を付けたら、リーダーに2.5号を1.5mとり、先に2.5号のエギをセット。
リーダーはこの日は手持ちが2.5号しかなかったのでそれを使用しましたが、理想は3号です。
一番悩むエギの選択ですが、過去の実績からアオリーQの2.5号であれば間違いありません。
カラーに関してもマーブルピンクかオレンジ、あとは釣れなかったら交換します。

14_r今回はこれらのエギでチャレンジ。

 緩めの潮に苦戦のエギ

7時30分に河岸払い。只今のポイントは木更津沖水深13~15mとのこと。
かみやさんからですと約30分でポイントへ到着。船長の合図で釣りスタートとなります。
確かに情報通り潮の流れが緩く、ラインが真っすぐなままです。このようなときこそタナ取りが重要で、スミイカが好むタナをいち早く見つけ出すことが釣果に結び付きます。
最初の流しでは誰も釣れず、細かなポイント移動が繰り返されます。
当然のことですが、どこにでもスミイカが居る訳ではなく、緩やかな掛け上がりや掛け下がり部分に居るようです。
私の釣り座は胴の間でしたが、ミヨシの方がまず釣りました。サイズは300gくらいですが立派なスミイカです。
次はスッテで軽くキャストしていたお客さんが釣りました。この状況から、潮の流れは緩く広範囲を探る方が有利と感じます。

15_rでも、私は今日エギオンリーと決めたので、じっくり丁寧にタナ取りをします。


ミヨシの方が2杯目を続けて、スッテの方も釣っています。どちらもエギ、スッテのカラーがオレンジなので迷います。
周りにもスミイカ狙いの乗合船が数隻、この光景から東京湾のスミイカ釣りはとても人気があることが分かりますね。

 待望の1杯目

船長も細かな移動を繰り返し、その都度船中数杯釣れていますが私だけ蚊帳の外...。
船長からも釣れてないのはあと二人ですと...、まさかその中の一人に入るとは思っていませんでした。
まあ釣りなので仕方ないとして、後はエギを取り替えるくらいしか手立てがありません。

16_rそこで小型のスミイカには抜群の威力と評判の2号エギにチェンジしてみます。


数分後、穂先が微かに抑えこまれ、アワせるとズーンッという手応えで待望の1杯目。
小型でしたが嬉しいスミイカです。このスミイカ釣りではシリヤケイカ混じりで釣れますが、同類なので数の申告は一緒で構いません。

17_r待望の1杯目をゲット。


シリヤケイカとの区別はすぐに判断できます。シリヤケイカは釣り上げると頭の方から茶色い液体を出すので分かりやすいですね。
小型でしたら身も柔らかく刺身でも美味しく食べれますし、大型の場合は火を通す料理に向いています。

 思うように釣果が伸びず

さて、ここから入れ乗りに期待しましたが、やはり全体的に乗りが悪く釣果が延びません。
でもただ一人、大ドモの方がスッテ釣法でポツポツ数を延ばしているようです。
やはり潮が動いてないようでキャストして広範囲を狙った方が有利な状態のようですね。
それでも一度潮が動き出せばエギ有利となる展開を何度も経験しているので、そのときを待つしかありません。
もうお一人、スッテの方もポツポツ乗せだします。でもここはじっと我慢でタナ取りします。
その甲斐あってドーンと2杯目、これもスミイカでした。

18_rエギには不利な状況のなか、粘って手にした2杯目。


このままでは終われませんのでエギを替えることにしますが、過去の実績から変えても3色程度まで、それより増えると自滅する恐れが...。
結局この通りとなり、この後も釣れませんでした...。
でも時間もあるし諦める訳にはきません。ミヨシの方もスッテの方もポツポツ程度ですが確実に数を延ばしています。
そんな努力が報われず、2杯釣れた2号エギに戻すと3杯目が釣れました。
これもスミイカで300gと食べ頃なので一応満足。
でももう少し釣りたいので頑張りましたが、結果的にはわずか3杯で終了となりました。

19_r結局これが最後の1杯となってしまった3杯目。




 原因不明の不調で再取材を敢行

エギはミヨシの方が8杯で、スッテは9杯と大ドモの方が14杯と大差を付けられる始末。
何とも情けない釣果ですが、これでも精一杯やりましたので仕方ないと自分に言い聞かせるしかありません。
今回釣れなかった理由は潮が流れなかったことと、後は分からないので再取材を行い、スッテ釣法を試すことにしました。
以前にもスミイカスッテ釣法をやりましたが、最初の浅場では完全にエギ有利な展開だったため封印。
その後、深場の40~50mに移ったあとは圧倒的にスッテ有利となり、500~800gの大型スミイカを釣った記憶が残っています。
そんな訳で私のなかではスッテ釣法は深場オンリーと決めていましたが、今回これ程大差を付けられたので、今回挑むことにしました。

 今回はスッテでチャレンジ

まずはタックル選びから。ロッドはオモリ25号をキャストできる硬めのロッドが適しています。
以前はオリジナルのロッドを使いましたたが、今回はベイト、スピニング共に手持ちのなかから選びました。
まずベイトロッドはタチウオ用のロッドをセレクト。これくらい硬くなければ思い通りにスッテを操作できません。

20_r


ロッド:ジャッカル アンチョビドライバーADC-66MH
リール:シマノ ベイゲーム301HG

ラインはPE1号。仕掛けはどちらも共通で2.5号の捨て糸オモリ部分25cm、スッテ部分は30cmからスタート。
この辺は船長にアドバイスを貰い現場で作りました。スッテも船宿で一番人気の物をセット。

22_r現場で作った仕掛け。


スッテ、エギ共に船宿で購入可能なので、もし悩むようでしたら現場で購入することをお薦めします。
もうワンタックル、スピニングの方は、

21_r


ロッド:ジャッカル ビンビンスティックAD C-66MH
リール:シマノ バンキッシュC3000

こちらはPEライン0.8号でしたが、本来はベイト同様1号がベストだと思います。
その理由は、ミスキャストしても1号なら切れにくいので、多少大ざっぱにキャストしても大丈夫だからす。

 ベイトかスピニングかは釣り場で判断

釣り場は前回とほぼ一緒の木更津沖。この日は大ドモに入り、広範囲をキャストしながら狙う作戦で挑みます。
釣り方は至って簡単で、オモリが着いたら船下まで大きくシャクリながら寄せてくるだけです。
重要なのは必ず止めてイカが乗るタイミングを作ること。このタイミングが1・2・3でシャクるのか、1・2・3・4・5でシャクるのかは釣れ方で判断するしかありません。
スッテはエギングのように大人しい釣り方ではなく、大胆に大きなアクションでスッテを浮き上がらせるようにして釣ります。

23_rキャストした後は大きめのアクションで。


ただひとつ、テンヤのようなリフト&フォールではなく、ロッドを大きくシャクリ上げエギを確実に移動させるのが大事です。
このために硬いロッドでないとシャクれません。上記2本のロッドよりも硬くても良いかもしれないくらいです。
最初はベイトタックルでやりましたが、スピニングタックルの方がキャストがスムーズに行えるのですぐに変えました。
この日の乗船者の方もスッテ釣法が多く、スピニング、ベイト半々でしたね。
今のところスミイカ専用のスッテロッドはありませんので、皆さん各自でお気に入り のロッドでやっていました。
伝統釣法のシャコテンヤのタックルでも良いと思います。要はある程度キャストでき、しっかりと大きくシャクリ上げられるパワーがあれば大丈夫です。

 ようやく1杯目

さて、自分のキャストしたところのイカは全て釣ってやろうくらいのイメージでいましたが、現実はそう上手くはいきません。
なかなかイカからの反応はなく、キャストを繰り返すだけです。
ここでロングキャストの方が有利かと船長に聞いたところ、やはり広範囲に探った方が良いとのことでした。
それなら得意なので自信が付いたものの、思い通りの展開とはいかず苦戦が続きます。
そこで捨て糸を30cmとし、スッテ部分は40cmとしてみることに。
船長によるとこの辺は各自の好みで大丈夫だそうですが、試してみる価値はありそうです。
またロッドの角度も重要とのことで、一度釣れたらその角度を覚えておくと良いそうです。
またスミイカは気に入ったスポットに数杯居ることが多いので、一杯釣れたらその周りに数杯居ると思えるので、そこにキャストすると効果的ということです。
これは普通に釣っていても誰かが釣ると、続いて数杯釣れるので事実ですね。
こうしてシャクリ幅を替えたり試行錯誤が続き、ようやくドーンッという感覚が伝わって1杯目が釣れました。

24_rでもこれは本命のスミイカではなくシリヤケイカ。しかしこのどちらかを釣り分ける方法など無く、ある意味運命任せです。


このときはキャストして数回目のシャクリで乗ったので、すぐに同じ方向にキャストするも続けては乗りません。
やはりこの週は潮周りが良くないようで、釣り人同様船長泣かせの日だったようです。
しかし一旦乗船してしまったらそんなことを言っていられません。もう後は釣るしか手立てはありませんから。

 試行錯誤で2杯目

スッテのカラーも定番のピンクとオレンジがあれば大丈夫でしょう、後はひたすらキャストして乗るのを待つばかりです。

25_rスッテもエギと同様、ピンクとオレンジ主体で。


待つといっても釣り人が誘わなければほぼ釣れません。途中でカワハギ釣りのようにタタキを入れてみたのですが、意外と効果的だと後で聞きました。
そしてロッドを上げようとしたらドーンという感覚があり、2杯目が釣れました。

26_rしかし今度もシリヤケイカ。


もし乗ったら大きくアワせ、一定の速度でリールを巻いてください。
間違ってもポンピングはしないこと。スッテもエギもカンナに返しがないので、ラインを緩めるとバレの原因となります。

 大移動後にチャンス到来

木更津沖に見切りを付けて船長大移動を決断。今度は海保周りから始めます。
ここでも釣り方は同じですが、潮が効いているようで、すぐにラインが船下に来てしまいます。
ここはチャンスとキャストを繰り返し、その甲斐あってドドーンと強烈な重さを感じました。
ゆっくりとリールを巻き続け、海面に見えたスミイカは大型です。
一瞬タマアミとも思いましたが、このまま抜き上げるとまさかの水面ポチャリ...。
このときは船長をはじめ、皆さんに見られていたので恥ずかしかったです。そしてこうなったのも自分の責任だとつくづく感じた次第です。
それ以降もこのポイントでは釣れました。しかもでっぷりとした500gオーバーが!
このときも掛かった瞬間はドーンッと重さが加わり、ロッドは曲がり、リールを巻くのも大変でした。
そして海面に浮いたところを、今度はしっかりとタマアミですくいました。

27_r今度はバラさず、しっかりキャッチ。


よくバラした魚は大きかったっと言いますが 、この前にバラしたスミイカは確実にこれより大きかったですね。
でも今度は間違いなくスミイカなのでホッとして、写真を撮り再びキャスト。するとまたしてもドーンッと衝撃が!
ラッキーにも連続で乗りました。ゆっくりリールを巻いて寄せに掛かり今度も同サイズの大型スミイカです。

28_r連続キャッチの良型。


このサイズなら1杯あれば3人家族でも十分です。やはりスミイカは食味の楽しみもありますからね。
このまま調子に乗ったかと思いきや、この後は乗りもなく沖上がりとなりました。

 これからに期待

スッテ釣法なら軽く20杯は釣れると思っていましたが、予想を大きく下回る4杯となってしまいました。
この日の竿頭は右舷大ドモの方で7杯でした。やはり潮周りのせいでしょうか、釣果は少なく船長も残念がっていました。

29_r数はいまひとつも、型はまずまず。


この取材後は潮周りも良くなりトップはツ抜けするようになり、まだまだこれから数釣りが楽しめるでしょう。
サイズも確実に大きくなっており、12月になれば800~900gも釣れだすと思います。
とてもノンビリした釣りなので、どなたでも手軽に楽しめますよ。
タックルに関しては手持ちがなくても船宿にレンタルがあるので、手ぶらで行っても大丈夫です。
仕掛けやスッテ・エギも船宿で購入可能なので、何を買ったら分からないようでしたら現場購入するのも良いでしょう。

 美味しいスミイカ釣り、ぜひ体験を

また、このスミイカ釣りの人気の秘訣は食味にあると言って過言ではないでしょう。釣りたては勿論ですが3~4日寝かせた身は旨みが増し美味しく頂けます。
個人的には3~4日寝かせてからの方が好みですね。魚屋ではなかなかスミイカは見かけないと思いますので是非ご自分で釣ったスミイカを食べてみて下さい。きっとその味に驚くと思います。
釣期は年明けまで続きますので、行かれる場合は防寒対策を十分に、墨で汚れても良いような服装で行って下さい。
これから徐々に深場狙いになると思いますが、釣り方タックルは同じなので問題ありません。
嬉しい事に徐々にスミイカもサイズアップしていきます。こうなると手応えも十分なので釣り味も増しますね。
食べて良し、釣っても楽しいスミイカ釣りは東京湾でしか楽しめない釣りかもしれません。
一度行ったら病みつきになること請け合いです。まだ行かれたことがない方はぜひ今年中に体験してみてください。

30_r分からないことは船長が教えてくれるので、初心者でも安心ですよ。


一見地味な釣りですが、何故か楽しく面白いのがスミイカ釣りです。
もし40~50mの深場を狙うようになったら、この時はスッテ釣法が良いと思います。
行かれる場合はエギ、スッテ両方のタックルを持参した方が良いでしょう。どちらにするかはは現場で釣れている方にすれば十分です。
スッテ釣法での注意点がひとつ。ロッドはグリップが長くないと疲れます。
従ってカワハギロッドでも可能ですが、ロンググリップのロッドが適しています。
手持ちがなければリールだけ持参してロッドはレンタルにしましょう。その方が快適に釣りが出来ると思いますよ。

準備編はこちら
【宮本英彦の江戸前を釣る】エギで、スッテで、気軽に楽しめる東京湾のスミイカ釣り~準備編:羽田 かみや

協力:羽田 かみや



文:宮本英彦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月15日(火) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


宮本英彦の江戸前を釣る」カテゴリの記事

スミイカ」カテゴリの記事

東京湾東京エリア」カテゴリの記事

羽田 かみや」カテゴリの記事

最近の記事