本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 2013年8月

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2013年8月28日(水)

【宮本英彦の江戸前を釣る】トップシーズン到来!今が旬のマゴチ釣り~実釣編:羽田 かみや
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はトップシーズンを迎えたマゴチ狙いでの釣行レポート。アタリをとってからアワセて掛けるまでのドキドキ感がたまりません。(羽田 かみや

準備編はこちら

R01「照りゴチ」とも呼ばれる暑い今が旬のマゴチ。


羽田 かみや:@niftyつり
住所:東京都大田区羽田3-22-3
電話番号:03-3742-6904
料金:マゴチ船 乗合1人 大人9,000円 ※女性は2割引、中学生以下は半額。
備考:毎週火曜日定休。出船時間は7:30。


 まずはエサのハゼ釣りからスタート

当日は知り合いのHさんとSさんと船宿に4時に集合し、3人での釣行となりました。船宿釣着後、まずはマゴチのエサとなるハゼ釣りを行います。
今回利用した羽田 かみやさんでは、お客さんが桟橋でハゼ釣りをするために、エサのアオイソメを用意してくれているので助かります。

R02マゴチのエサとなるハゼのエサ、青イソメ。


早速各自分かれて思い思いのポイントで竿を出します。潮は下げで緩やかに流れている様子。
ハゼ用のタックルは3mのノベ竿を使った脈釣り仕掛け。入れ食いになると予想して始めましたがアタリが少なく苦戦を強いられました。

R03釣れるハゼも5~6cmが主体でエサには小さすぎるサイズ。それでも活きが良いので一応キープすることに。


予定では各自50匹前後は釣れるはずでしたが、予想に反してポツリポツリのスローペース。しかも半数以下が小さいので戦力外...、それでも何とか3人で50匹程度キープすることができました。
後で聞いたところ、かみやさんがある多摩川下流域では上げ潮のタイミングがハゼ釣りには良いそうです。
今回は出船前だったので潮までチェックする暇もなく、いきあたりばったりで釣りをしたので仕方ありませんでした。もし、時間に余裕があるようしたら、上げ潮狙いで行ってみてください。
いつもならば私は自宅近くの運河でハゼ釣りをしてから向かうようにしており、今年も一度ハゼを狙って行きましたが、そのときは入れ食いでした。
釣ったハゼをキープする場合は、必ずブクを持参して活かしておかなければなりません。
さらに、自宅に持ち帰ったら、大きめのクーラーボックスか発砲ケースに入れるようにしないと水温が上がってしまい、せっかく釣ったハゼが死んでしまいます。
また、小まめに水を取り換えることもお忘れなく。釣りたてのハゼは大量の「ノロ」と呼ばれる食い残しやフンをするので水がすぐに汚れてしまいます。
変える水は一日程度ならば水道水に少量の塩を入れてかき回せば充分。小まめな水の取り換えを意識してください。そして必ずブクを入れて、常に酸素補給をすることが最低限必要な条件です。
運ぶ場合も必ずブクを用い、釣り場に着いたら、新鮮な水に入れ替えるようにしてください。
船上でもブクは必ず入れておくこと。狭いクーラーや発泡ケースでも密度が濃いので弱ったり死んでしまうので注意が必要です。

 大貫沖へ

ハゼが思うように釣れないまま定刻7時、河岸払いの時間を迎えます。

R04釣り座はかみやさんの場合は先着順に決められるので早く行けば好きな釣り座を選べます。


この日はハゼ釣り目的もありましたので、マゴチ船では一番乗りとなり釣り座を左舷大ドモに決めました。
Hさんは右舷大ドモ、Sさんは左舷トモから2番目と隣です。

R05こうして左舷4名右舷4名で大貫沖を目指します。


この日も朝から晴れ渡り暑い日となりました。

R06ポイントまでは約1時間で到着、ベタ凪の中でエサのハゼが配られます。


水深は10m前後、エンジン流しでポイントを流します。

 右舷と左舷で対照的な釣況

暫くすると右舷で本命マゴチが釣れ始め期待が持てます。しかし船長によれば「昨日よりアタリが少ないと...」。
2本目も右舷で釣れましたが、左舷ではアタリもない状況が続きます。
やっとアタリがあったので慎重に送り込みましたが掛かりません。アタリの犯人はどうやらフグのようです。その証拠にハゼは頭だけ残されて、実に無残な姿となって上がってきました。
ここから数回フグにやられ、時にはハゼの唇だけなんてこともありました。本当にフグは悪喰だと思い知らされましたね。

R07エサをやられる一方です。


そんななか、本命のアタリもありましたが、これが上手く掛けられずスッポ抜け。
左舷では苦戦中でしたが、右舷ではポツポツマゴチが釣れているようでHさん以外皆さん型を見たようです。
なかには3本も釣った方もいますが、対照的に左舷では誰もマゴチの顔を見ていません。
確かにアタリがあるものの、犯人がフグかイカなのでエサの頭付近だけ齧られて上がってきます。
ここでHさんも本命マゴチを釣り上げました。サイズは45cmといったところでしょうか。

R08かみやさんでは釣ったマゴチを活かしておくための大型クーラーが用意されていますので、もし最後まで活かしておきたい場合は誰でも自由に利用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年8月28日(水) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク

2013年8月の記事