本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【永浜いりあのオススメFishing】 西湖へ綺麗なヒメマスに会いに行こう♪:西湖「樹海荘」

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2012年7月10日(火)

【永浜いりあのオススメFishing】 西湖へ綺麗なヒメマスに会いに行こう♪:西湖「樹海荘」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次回の解禁は10月。今から準備は万端に。今回は西湖のヒメマス釣りのご紹介です。


Img_8172


西湖とは…山梨県にある富士五湖(本栖湖・精進湖・西湖・河口湖・山中湖)のひとつで、富士山の火山活動によって生じた堰止湖のため、もともとは魚の棲む湖ではありませんでした。

そして、ヒメマスという魚は…サケ目サケ科の一種で、湖沼残留型(陸封型)のものを指し(海へ出る降海型のものをベニザケという)、アメリカ合衆国、カナダ、カムチャッカ半島、北海道の阿寒湖とチミケップ湖などが主な原産地の淡水魚です。

西湖へはもともと漁業目的で魚が放流されるようになり、ヒメマスも移植により移入されて以来生息が始まり、今では漁業だけでなくヒメマス釣りは西湖でのレジャーのひとつとなったようです。

そんな西湖のヒメマス釣り、お仕事の取材でちょこちょこ行くようになり、湖の上で浮かんで釣る綺麗なヒメマスが好きになりました。まだ体験した事の無い皆さんへ是非オススメしたいと思います~☆

タックル、仕掛け、エサ

当日私が使用したものは……

Img_8206ロッド:カーディフXT60SUL、リール:ツインパワー2000S、ライン:PE0.6号(水深をラインで測るため1mごとに色分けのあるものをオススメします。)


Img_8212 ロッド:ルアーマチックS60SUL、リール:ソアレCI4 30、ライン:PE0.6号(上記同様、色分けのあるもの)(以上シマノ)


トラウトや管理釣り場用エリアタックル、海のメバル釣りなどのタックルを流用できるので、チャレンジし易いところも良いかと思います。

仕掛けは、船宿さんオリジナルのものを使用

Img_8056 全長2.3m、ハリス1号、幹糸1.5号、ヒメマス針5号の10本針


エサは、生のイクラ

Img_8196 エサ箱があれば便利です


必要なもの

ハサミ、タオル、魚を入れる小さいクーラーボックス

服装

湖は、思っている以上に冷えますので防寒対策をしっかりとし、暑ければ脱げるようにしておくことをオススメします。
水辺なので、手漕ぎボートを漕ぐ際など多少水がかかったりします。レインウエアーなど、防水のものを着用しましょう。

準備ができたら、釣りへ出発です!

船宿さんでボートを借りて、手漕ぎでポイントまで向かいます。

Img_7916私は、手漕ぎボートも自分で漕いじゃいます~!


通常女性は、男性と一緒に乗り漕いでいただくと楽々ですね~♪デートにもバッチリだ!

☆ポイント選びは重要☆
船を出す前に、船宿の御主人や女将さんにだいたいのポイントや最近釣れている魚のタナ(釣れている水深)をうかがってから出発しましょう。一番大切な事です。

そしてポイントに着いたら、ボートの先端と後ろ側についているロープを、ポイントにあるブイ(丸い浮き)から出ているロープに結び、船を固定します。


Img_7995ポイントにはこのようなブイが並んでいます


この時、ボートの先端と後ろ側の両方を繋いでおかないと、風や流れでボートがくるくる回って釣り辛くなりますので前後をしっかりと繋いでおきましょう。

ボートが固定できたら、釣りの準備です。あまり慣れていない場合は、船を出す前に陸地でロッドに糸を通してセットをしておきましょう。そうすると、沖で仕掛けを付け、餌のイクラをハリに付ければ準備完了です。


エサ付けのポント

イクラが割れないように気をつけつつハリを刺し、魚がハリ掛かりしやすいようにイクラからハリ先を少し出しておきます。


Img_8187針はやさしく刺して下さい


それでは、仕掛けを湖へ落とします。
一気にラインが出て行かないように、指でラインを触りつつ、ラインの1mごとの色分けを見て底に着くまで何メートルあるか数えておきましょう!(当日のポイントはだいたい30m前後でした。)


ヒメマス釣りで大切な事

湖のどのタナに魚がいるか、魚がまわって来るかを自分で突き止めなければいけません。そのため、タックルは2タックル(2セット)用意し、


Img_8073それぞれ違うタナを探りましょう


その時参考になるのが、出船前に船宿の御主人や女将さんに聞いておいた最近釣れているタナです☆そのタナを中心に探っていき、私は釣果を上げる事ができました。
何も参考にするものがないと30mもある湖を回遊しているヒメマスのタナを当てるのは結構大変です。是非、聞いておきましょう☆


大物狙いは、浅ダナ

「大きいのが釣りたいなら、水深7~8mで待っててみたら~」という情報をいただき、まずひとつはそのようにして待ってみました。
そして、もうひとつのタックルは、真逆の底付近からコツコツとタナを探ってみました。


Img_7971よしっ、ヒット!


するとまず最初にヒットしたのは、水深25mほどのところでした。底から10mほど上げたところです。


Img_8010 落ちないよう慎重に……


Img_8029銀色の魚体に目が大きいべっぴんさんです~


その後も14~15m付近でヒット!群れが大きい場合、すぐまた同じタナに合わせると連発して釣れる事もあります。
しかし、同じタナでは釣れなくなった時は、こまめにタナを変えて探ってみましょう。そうすると、だいたいの釣れるタナが決まってくるので、そのタナを中心にやっていくと釣果に繋がると思います。

そして、午後になりもう上がろうかと諦めかけたころでした!
当日のビックワンが釣れました~♪
それまで1日アタリが無かったものの、大物勝負で浅ダナに合わせておいた仕掛けに20cmほどのヒメマスが食い付きました。


Img_8152やはり、情報を信じて待った甲斐がありました☆


キラキラ綺麗なヒメマスが見たくて、湖を二刀流で探る西湖のヒメマス釣り、なんだか楽しいです。
食べても、とっても美味しくてピンク色の身をしています。これは、なかなか売っているような魚ではないので、皆さんも是非釣りに行ってみてはいかがでしょうか~!


西湖:樹海荘

Img_8244この看板を目印に


Img_8229樹海荘の若主人・三浦大(まさる)さん


住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1224
電話番号:0555-82-2387
料金:入漁料1500円、ボート2500円~、餌(イクラ)500円
漁期:3月下旬~5月・10月~12月
出船時間:3月/6時~・4月5月/5時~・10月/6時~・11月12月/6時30分~
帰着時間:17時(11月~12月は16時)
備考:ヒメマス釣制限は30尾、まき餌・寄せ餌禁止


文:永浜いりあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月10日(火) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


永浜いりあのオススメFishing」カテゴリの記事

ヒメマス」カテゴリの記事

西湖」カテゴリの記事

最近の記事