本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【永浜いりあのオススメFishing】手漕ぎボートも楽しい!山中湖のボートワカサギ釣り♪:山中湖 静山荘

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2012年1月27日(金)

【永浜いりあのオススメFishing】手漕ぎボートも楽しい!山中湖のボートワカサギ釣り♪:山中湖 静山荘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Img_0244_01_2


今回いりあがおすすめするのは、ボートのワカサギ釣り~。以前に、ドーム船でポカポカ環境のワカサギ釣りをおすすめしましたが、お次は手漕ぎボートで行く、昔ながらのボートワカサギ釣りです!


Img_0357_02手漕ぎボートで湖に浮かぶのって凄く気持ちが良いな~☆


山中湖 静山荘:@niftyつり
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野493-25
電話番号:0555-62-0831
料金:ワカサギ釣り用ボート 定員1名 \2,500、定員2名 \3,500、定員3名 \5,000 ※予約割引料金あり
備考:2~3月は抱卵中で脂ものり、食べて最高のシーズンに!

 防寒対策をしっかり

まずは、防寒対策!湖というところは、海なんかよりもずっと冷え込みます。(★私は、色々な場所で釣りを経験させていただきましたが、湖へ行く時が一番防寒に気を遣います)甘くみると後悔しちゃいます!
逆に防寒さえきちんとしていれば、どこの釣り場へ行ってもたいてい楽しい時間を過ごせますので、参考にしていただけたらと思います☆

ちなみに、いりあの防寒対策は・・・
まず最初にアウトドアメーカーや釣り具メーカーからも出ている、発熱素材のインナー上下を着用。特に寒そうな日はその上に、こちらもアウトドアメーカーや釣具メーカーから出ている、薄手のダウン等のミドラー(保温効果のあるようなもの)を着用。最後に、風を通さないようなアウターを着用。
★中に発熱素材や保温効果のあるものを着て温かくした上に、風を通さないアウターを着て蓋をするイメージです。


Img_0370_03フードもお役立ちアイテムです


アウトドアメーカーや釣具メーカーの専用ウエアーは、やはり機能性が高いので、釣りを楽しむ上でかなりおすすめです♪


 そして、必要なタックルは・・・

ロッド・リール・仕掛け・エサ・ハサミがあれば十分!
(ボート屋さんに貸し竿やオリジナルの仕掛けにエサが準備されているところも多いので、行く前に問い合わせて確認してみましょう)


Img_0330_04静山荘さんの船宿仕掛け&エサ


◎レンタルタックルや船宿オリジナル仕掛を利用すれば、まずは手ぶらでもワカサギ釣りを楽しめちゃいます♪

参考までに、いりあが使用したタックルはこちら。


Img_0389_05・ロッド:ワカサギマチック システムグリップ+穂先(SH02)
・リール:ワカサギマチック (以上シマノ)
・ライン:VALCANわかさぎ1.2号(サンヨーナイロン)


ワカサギ釣り専用の電動リールなんかもあります!深場のポイントのほか、慣れてくると手返しを早くするのにも役立つすぐれもの☆どんどん楽しくなっちゃうぞ~!


Img_0155_06・電動リール:ワカサギマチックDDM(シマノ)


 準備ができたら、ボートに乗って湖へ

Img_0412_07


お願いすれば、ポイント(魚がいるであろう場所)へ、ボート屋さんがエンジン付きの船で引っぱって行ってくれますので、漕ぐのが苦手な方や女性の方でも安心です

他にも自転車のようなペダルが付いた足漕ぎボートやエンジン付きのボートをレンタルできま~す!


Img_0440_08足こぎペダル付きボート


ポイントに着いたら、ボートに取り付けられたロープを湖に浮かんだブイに結んで、船が流されないように固定します。


Img_0137_09これで準備完了!


 ワカサギ釣りのスタート♪

魚のいるタナ(水深)を探りながらやってみましょう。最初は、湖のどのタナに魚がいるかわからないですよね・・・、そんな時は底から探ってみてください!(前もってボート屋さんに、最近どのタナで釣れているのかを聞いておくのも大切なこと☆)

仕掛けにエサのアカムシを付けたら、湖に仕掛けを落とします。

この時、ライン(糸)を巻いてあるところを軽く親指でさわりながら仕掛けを落としていきましょう。


Img_0359_10指で押さえることにより、巻いてあるラインが一気に出てバックラッシュすることを防ぎます


 オモリが底に着いたら、糸フケ(ラインのたわみ)をとって、少し待ちます。

☆仕掛けを落としている間は、リールから出て行くラインを見ておきましょう!オモリが底に着いたら、ラインがフッとフケます(たわみます)。


Img_0173_11着底のサインを見逃さないようラインに注目


少し待ってアタリ(魚の反応)がないときは、竿を上下にあおるようにして誘いを入れてあげましょう。


Img_0300_12誘いの早さ・幅はいろいろと変えてみましょう


すると!ブルブルッというアタリ!竿をしっかり持って一気にまきあげましょう♪


Img_0198_13キレイなワカサギとご対面


 タナ取りがポイント!


当日は、ほとんどベタ底で釣れましたが、状況により、底から50㎝~1m、2m上で釣れたりもするので、早く魚のいるタナを見つけて、状況に応じたタナで誘ってみましょう。

基本的な釣り方はこれだけ!誰でもお手軽に楽しいワカサギ釣りですね☆


Img_0254_14


食べてもとっても美味しいので、天ぷら・フライなどなど、釣った後も楽しんでくださいね!


 今回お世話になったボート店


Img_0445_15
Img_0421_16貸ボート受付&気さくなご主人


山中湖 静山荘:@niftyつり
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野493-25
電話番号:0555-62-0831
料金:ワカサギ釣り用ボート 定員1名 \2,500、定員2名 \3,500、定員3名 \5,000 ※予約割引料金あり
備考:2~3月は抱卵中で脂ものり、食べて最高のシーズンに!

文:永浜いりあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年1月27日(金) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


永浜いりあのオススメFishing」カテゴリの記事

ワカサギ」カテゴリの記事

山中湖 静山荘」カテゴリの記事

最近の記事