本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【永浜いりあのオススメFishing】夏限定のお楽しみ!面白くて、おいし~い、アナゴ釣り:南六郷 ミナミ釣船

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2011年7月 1日(金)

【永浜いりあのオススメFishing】夏限定のお楽しみ!面白くて、おいし~い、アナゴ釣り:南六郷 ミナミ釣船
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏前から、秋口にかけて(出船時期は船宿さんに要確認)の短い期間にだけ、東京湾で楽しめるアナゴ釣り。
海底をコツコツと小突いてアナゴを誘い、ブルッとくるアタリにアワセを入れて釣るのがとっても面白い!その上、釣りたてのアナゴは、そこらで食べるものよりも明らかに、おいし~い!!夏限定のお楽しみです☆


Img_9276_2


南六郷 ミナミ釣船:@niftyつり
住所:東京都大田区南六郷2-19-5
電話番号:03-3738-2639
料金:アナゴ船 乗合1人 7,000円(エサ、氷付き) ※女性は二割引
備考:出船時間はP.M.5:30。
ポイントカードのシステムあり。10回乗ると1回乗船料が無料。
アナゴ船は今後もまだまだ出船予定!乗船ご希望の方、是非リクエストしてください。去年は11月くらいまで出船していましたよ!


 船釣りスタイル

船での移動中、風向きなどによっては海水をかぶることがあるので、濡れても大丈夫な服装で。
基本、私は船釣りの際、釣り具メーカーのレインウエアーを着用。(夏のすごく暑い日は、速乾性のTシャツとパンツを着用)
足元は、長靴。(夏は、滑りにくくて安全なサンダルなど)
そして、日よけや安全対策にもなる、帽子やサンバイザー。
手元の日焼けが気になる方や女性にオススメしたいのが、グローブ。
ライフジャケット。(お持ちでない場合は、船宿さんで借りられます)


Img_9365_2ウエアー:ドライシールド-XTマリンコート、ドライシールド-XTマリンサロペット
インナー:ラッドステップ・ショートスリーブTシャツ(吸収速乾素材とUVカット加工)
手元:ラッドステップ・ベーシックグローブ
足元:ラジアルショートブーツ (以上シマノ)


 今回私が使用した、アナゴ釣りタックルはこちら

Img_9177_2ロッド(竿):幻風 10-150
リール:SLS小船 Quickfire 300
ライン:PE 1.5号 (以上シマノ)


 仕掛けは・・・・

Img_9192_220号~25号のアナゴ仕掛け専用オモリ、オモリの下にアナゴ仕掛けの針を2つ、オモリの上にはケミホタル


行かれる前に、船宿さんに確認しましょう。その時の状況もわかりますし、船宿専用仕掛けがある場合も少なくありませんので、安心です。
ロッドやリールについても、レンタルがある場合も多いので、まずは、レンタルタックルでどういうものかチャレンジしてみる事もできます♪

私は今回、以前お世話になった船宿さんでいただいた手作り仕掛けを使用。


 いよいよ出船です

ウエアーやタックルの準備ができたら、船に乗って、自分の釣り座を確認し、釣り座につきましょう。


Img_9160_2同船者がそろって、定時になったら出船です


今回は、アナゴ釣りポイントまで、約50分のクルージング。(ポイントまでは、キャビンに入って寝るも良し、釣りの準備をする方もいれば、食事をとられる方がいたりと自由です)


Img_9204_2美しい夕焼けを見ながらのクルーズ


ポイントに到着したら、楽しいアナゴ釣りの始まりです♪


 エサは、アオイソメ

Img_9200_2船上で各自に配られます


サバの切り身を持参されている方もいました。(ちなみに、その方が今回の竿頭《船で1番数を釣られた方》でした☆)

仕掛けの2本の針に、それぞれエサを付けます。船長にうかがったところ…縫いざしにしたり、房掛けにしたり、ちょんとちょん掛けにしたり、色々だそうです。今回私は、縫い刺しにして、長いものは1匹を切って使ったり、2匹くらい付けたりしました。

エサ付けの色々な工夫も、楽しみの一つですね☆


 エサ付けが完了したら・・・

いよいよ仕掛けを海に投入。


Img_9251_2仕掛けを海に投入~


オモリが海底に着いたら、ハンドルを回してクラッチを戻し、ライン(糸)の出を止めます。そして、リールで糸を少し巻きとり、糸ふけをとります。

次に、海底をコツコツと小突きます。この時、ちゃんと小突かなくてはいけないのですが、オモリを持ち上げ過ぎたり、小突き過ぎても良くないようです!
あまり大げさな動きや、小突きのやり過ぎは、せっかく寄ってきて食いつこうとしているアナゴくんをびっくりさせて逃がしてしまったり、アタリに気づきにくくなってしまうようです。
ですから小突きは、オモリを持ち上げ過ぎずに優しく、コツ…コツ…と。


Img_9211_2この時私は、アタリを逃さないよう、エサに食いついてくるようなイメージをしています

そして、アタったら、即座にアワセて、一気に巻き上げます。
ここで巻き上げを躊躇すると、長い体が仕掛けに巻きついたり、バラシの原因になったりとトラブルの元になります。


Img_9262_2巻き上げは躊躇なく一気に行うことが大切


 ここで、船長からのアドバイス!

アナゴは、口の周りが硬いので、アワセはしっかりと行うことが大切。

そして、釣り上げたアナゴの針を外す際、体のヌメリで滑るので、タオルで持っても良いですが、素手でつかむ場合は、顔のすぐそば、エラと胸鰭との間辺りをグッとつかむと良いとのことでした。


Img_9306_2素手でつかむ場合は写真の位置をしっかりとつかみましょう


あとは・・・・アナゴ釣りに慣れると、竿を2本出して、両手で交互に小突いたり、1本は手持ちで、1本は置き竿にしたりと、効率よく数を伸ばして楽しむこともできます♪♪


Img_9238_2こちらは1本を手持ち、1本を置き竿で



Img_9222_2 Img_9294 Img_9318陽が沈む頃、船中のあちこちで歓声が上がり始めます


 釣り人の特権です☆

今回、船長が釣りたての味を味わってもらいたいと、釣れたばかりのアナゴを特別に白焼きにして、船上で御馳走して下さいました☆


Img_9330 Img_9341真っ白でブリブリの身が最高においしくて、絶品です!


釣りたてなので、ヌメリを取らずに焼いたとのことですが、臭みはまったくなく、旨みになるのだとか!これは、釣った人にしか味わえない贅沢、しかも夏だけの期間限定です~☆☆

ぜひ、釣り味と食味を味わいに、行ってらっしゃいませ!


Img_9323_3アナゴ釣り超オススメです~


 今回お世話になった「南六郷 ミナミ釣船」さん

Img_9149 Img_9297第八ミナミ丸と、親切で楽しい安達船長


南六郷 ミナミ釣船:@niftyつり
住所:東京都大田区南六郷2-19-5
電話番号:03-3738-2639
料金:アナゴ船 乗合1人 7,000円(エサ、氷付き) ※女性は二割引
備考:出船時間はP.M.5:30。
ポイントカードのシステムあり。10回乗ると1回乗船料が無料。
アナゴ船は今後もまだまだ出船予定!乗船ご希望の方、是非リクエストしてください。去年は11月くらいまで出船していましたよ!


Img_9360_2

備考:釣れたアナゴは、船上で捌いて持たせてくださるので、手間いらずで安心です


文:永浜いりあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月 1日(金) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


永浜いりあのオススメFishing」カテゴリの記事

アナゴ」カテゴリの記事

南六郷 ミナミ釣船」カテゴリの記事

東京湾東京エリア」カテゴリの記事

最近の記事