本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【永浜いりあのオススメFishing】アジくんやサバくんに会いに行こ~う♪ライトタックルアジ:羽田 かみや

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2010年9月15日(水)

【永浜いりあのオススメFishing】アジくんやサバくんに会いに行こ~う♪ライトタックルアジ:羽田 かみや
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Img_0914_2

皆さんこんにちは!第3回の「永浜いりあのオススメFishing」は、8月終わり頃に行ってきました。(羽田 かみや

P7293471 P7303491

羽田「かみや」さんより、ライトタックルアジ・午前船です



 この連載の趣旨は、主にこれから釣りを始めようと思っている方や初心者の方、子供達や女性・・・ファミリーやカップルの皆さんへ、私のオススメの釣りをご紹介したいというものですので、このライトタックルでのアジ釣りは外せない釣り物です☆★☆

とってもポピュラーなお魚達の中でも、お手軽で楽しく、そしてご存知の通り食べても美味しいアジやサバ。釣りを楽しむ上でお世話になることの多いこのお魚達を私は愛さずにはいられないのです~

という事で、行って来ました!

 船釣りを楽しむために必要なタックル(道具)は

各船宿さんに問い合わせていただければ、貸し竿やリール等必要なものを全てレンタルすることもできます。
釣りを始めるにあたって、いきなりタックルを揃えるのが心配だと思われる事もあると思います。そんな時には、船宿さんにレンタルの有無を確かめて、レンタルが有る船宿さんへ行けば、いきなりタックルを揃える必要がありません。

細かな仕掛けやエサも確認しておけば、全て船宿さんで揃えられるので、船釣りというのは逆にこれから始める方にも安心だと思います☆

では、タックルを揃えて望むぞ~!という場合の参考に、この日の私のタックルを紹介します。

Img_0965_2

今回私が持参したタックルを紹介します!

・ロッド:(専用のものもあります) ボートゲームライトM100+B18
バット(ロッドの持つところ)が取り外しでき別売り。バットジョイントシステムのもの

このロッドはバットから上が1メートルほどのもので、短いだけにアタリや巻き上げ時にダイレクトな魚の引きを味わえて楽しいのでお気に入りです♪
その上コンパクトなので持ち運びも便利で、プラスアルファとして持ち込み易いです。

・ ベイゲーム301 TypeG
・ ラインはPE1.5号
・ 竿掛け
・ ライフジャケット
・ ラインカッターやハサミ類

シマノ ベイゲームタイプG 301 (BAY GAME TypeG)
軽量パワフル&スタイリッシュ!!51mmEVAダブルハンドルを搭載したゴリ巻き仕様。
@niftyつりストアでも格安販売中!

P7293471 P7303491

羽田「かみや」さんでは、天秤、ビシ40号、船宿仕掛けをお借りしました。

P7293471 P7303491

コマセのいわしミンチや付けエサのイカタン、イソメも船上で配られました。

最低限必要なものは以上です。それでは、実釣スタート~!


 移動も船釣りの楽しみ!

羽田「かみや」さんから沖へ出ると 、羽田空港を横目に。待機中の飛行機も見られました!こうして船釣りの移動中には、普段見られない角度から、色々な建物や景色が見られるのも楽しみの一つです♪

Img_0714

これだけで満足しちゃう人もいそうですよね・・・




 エサ付けで工夫してみよう

Img_0830

今回のポイントは、第二海堡周り。です。


Img_0858

水深は30メートル前後です。


ポイントに着くと「下から2メートル」と船長から指示ダナが伝えられました。このタナに魚の反応があるということなので、コマセを詰めて、ハリにつけエサを付けたら仕掛けを海に落とします。

Img_0941

エサ付けは、先ずはイソメを1~1.5センチほどに短く切って使ってみます。


そして3本のハリにイソメ・イカタン・イソメの順につけてみます。(今日はどちらのエサが良いのか分からないため両方をつけてみました)

そして、ビシが着底したら1メートルずつ巻きながら、しゃくってコマセをまき、底から2メートルの指示ダナに仕掛けがくるようにあわせます。
☆    魚がいればタナにあわせたと同時に食ってくることもあります。

Img_0882

タナで少し待ってもアタリがない場合は、直ぐにまた底に落としタナをとりなおします。
すると・・・!クンクンとソフトなアタリが~
リズム良く、ラインのテンション(張り)を緩めないように巻いてくると・・・、

P7293471 P7303491

アジくん登場♪


★ここで気をつけている事は、アジは口の周りが弱く身切れをしたり、外れ易いため、あまり無理やり巻かない事。そして、水面に魚の姿が見えたら巻く手を止めハリス(仕掛けの糸)を持って素早く船上に魚を入れる事。(ほんとうにハリが外れ易いため取り込みでバラスことも少なくありません~、バラシがつきものですが少しでも防げれば良いなぁと思います~)

Img_0773

まずは1匹ゲットです♪


狙い通り釣れたことの喜びを味わえました!

 釣果を伸ばすためのポイントとは

それでは、次のステップへ
釣果を伸ばすことはできるかなぁ、サイズアップなんてこともあるかもしれません・・・むふふ

☆    次の仕掛けを落とす前にチェックしている事があります。
先ほどは3本バリにイソメ・イカタン・イソメの順にエサをつけていました。アジが釣れたのは・・・イソメがついた1番下のハリ。
…ということで、次は全部のハリにイソメを付けてみよう♪
という風に、自分で釣り上げる為の工夫を始めます♪♪

☆    それから、いわしミンチコマセの詰め替え作業も大切に思います。
海から上げてきて、まだ少しかごにコマセが残っていたりすることもありますが、中身はすべて海に捨て、また新しいコマセをつめ直します。

Img_0792

実は船宿船長直伝の作業なんです。


以前、どこかの船長に教えていただきました。いわしミンチのカスが残っていても、いわしのカスだけでなく一緒に混ぜてある灰色の泥のようなものも大切だから、カスだけ残った場合は捨てて詰め替えた方が良いと。
それからというもの、面倒くさがらず私は必ずそのようにしております~♪

ということで、コマセを詰め替えたら仕掛けを海に落とします。
そして、タナを取ります。このとき先ほど釣れたタナを覚えていると便利です。魚が移動していなければ、また同じタナで食ってきてくれます☆

アジを釣る上で、食いダナを見つけ、仕掛けを合わせることがとても重要です。
そして、じっと待つだけではなく、誘いも重要で、エサをふわふわ漂わせるイメージで誘ったり、ゆっくりタナから動かしてみたりと、アジがエサを食いたくなる誘いを見つけることも大切だと思います☆


Img_0894

そこが、アジ釣りの面白さでしょうね♪


タナを見つけて、誘って食ってきてくれたときの、実った感が最高に嬉しくて・・・釣りに嵌ってしまうのかもしれません。

 うれしいゲスト、サバくんとのゴールデンコンビ


Img_0838

アジ釣りを楽しんでいると、よくお目にかかるゲストがサバくんです


この日も「サバばかりだよ~」となげく声も聞こえてきましたが、できる限り避ける方法はタナを上げすぎないということだと思います。

私もサバが何匹か掛かってきてくれたのですが、アジを誘って反応がないので、仕掛けを回収しようと巻き上げているときに急に重くなり、上げてくるとサバくんの登場です。
他には、アジが掛かって巻き上げていると、急にグーンと重くなり上げてくるとアジとサバの一荷(同じ仕掛けに魚が2匹掛かる事)だったり♪
サバくんとっても積極的なお魚ですね~!


Img_0885

と、こんな風に美味しいサバがもれなく付いてくる事も多々あります★☆


私は、サバくんもよく引いてくれますし、食卓を賑やかにしてくれますので、喜ばしいことだと思い、アジくんとサバくんは私の中で永遠のゴールデンコンビです♪♪

今回改めて、東京湾のライトタックルアジの魅力に惚れ直しましたよ~!
アジくんの居場所をつきとめ、誘い出して食わせる楽しさはやめられませ~ん♪
見た目もかわいいから癒やされますねぇ~。

Img_0929k_2

沖上がり間際の、うれしい一荷!


そして・・・
皆さん、アジが釣れてハリから外す際は、尾っぽの前辺りにある固いトゲトゲ「ゼイゴ」に気をつけてください★
調理の際にも手を傷つける恐れがありますので、気をつけて下処理なさってくださいね~

羽田 かみや:@niftyつり
住所:東京都大田区羽田3-22-3
電話番号:03-3742-6904
料金:6,500円 7時30分出船(帰港12時30分)

<@nifty つり関連コンテンツ>
アジの魚攻略ガイド

文:永浜いりあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月15日(水) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


永浜いりあのオススメFishing」カテゴリの記事

ゴマサバ」カテゴリの記事

マサバ」カテゴリの記事

東京湾東京エリア」カテゴリの記事

羽田 かみや」カテゴリの記事

最近の記事