本文へジャンプします。



つり通信

釣り業界で活躍するプロ達が、独自の釣り方やマル秘テクニックを徹底紹介するプレミアムコーナー

現在位置: つり通信 > 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ > 【永浜いりあのオススメFishing】夏の到来、ライトルアー大満喫:平塚 浅八丸

豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~ RSS

2010年8月11日(水)

【永浜いりあのオススメFishing】夏の到来、ライトルアー大満喫:平塚 浅八丸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回いりあがおすすめする『オススメfishing』は・・・・、夏と言えば暖流に乗り、小魚(ベイト)を追って私たちの住む岸近くまでやってくる青物達を、お手軽なタックル(釣り道具)で狙えるライトルアーです☆ (平塚 浅八丸

Img_0381_2

夏と言えばルアーで狙う青物!


 夏の到来を感じる釣り

食べ物に旬があるように、釣りにもその時でないと楽しめない旬の釣りがあります。せっかくですから旬を楽しんで行きたい。私はこの釣りに出かけると夏の到来を感じずにはいられません~♪

梅雨が終わると相模湾では、サバやワカシをはじめ、イナダ・カツオ・メジマグロといったお魚達がまわり始めます。

Img_0368

美味しくて引き味も強い


誰もが知っているポピュラーなお魚達が、簡単なタックルで狙えますので、まだ釣り経験が無いという方にもおすすめしたいと思います☆


 必要なタックルはこれだけ

準備するタックルはこれだけでOKです。

Img_0326

ロッド(竿)・リール


Img_0305r1

ルアー


細かくは、リールに巻いたラインの先に付けるリーダー。
そして、ルアーをチェンジする際にリーダーの先にスナップをつけていればルアー交換が楽チンです。

ちなみに私が使用しているタックルはこれです。

Img_0472_2

【スピニングタックル】
ロッド: ゲームタイプJ S601S
リール: アルテグラアドバンス4000HG
(リールに巻いてあるライン(糸)は、パワープロ1.5号)

【ベイトタックル】
ロッド: ゲームタイプJ B631R
リール: クラド200タイプJ
(巻いてあるラインは、炎月1.5号)
以上全てシマノ


Img_0374_2

ルアー: シマノ スティンガーバタフライ55g


リーダーはそれぞれお好みによって、ナイロンかフロロのものを御使用下さい。

Img_0351_2

リーダー: アプロード ナイロン20ポンド・25ポンド
フロロ 20ポンド・25ポンド
以上サンヨーナイロン


そして、メインライン(リールに巻いてある糸)とリーダーを結ぶには色々な結び方があります。
ここをしっかり結んでおかないと・・・魚が掛かってもここから外れる!なんて事になりかねませんので、本やインターネット等で結び方の確認をし、しっかり結べるようにしておいて下さい。
難しく考えなくて大丈夫です。誰でも直ぐにできるようになりますので、めんどうくさがらず楽しんで準備してみて下さいね♪

ちなみに私は、FGノットを利用しております。


 いりあの夏の釣りファッション

ついでに、いりあ夏の釣りファッションはこんな感じです。

Img_0464_2

上から、

サンバイザー…帽子やサンバイザーは必須です。日よけの他に、ルアーなどが間違って飛んできた際の安全にも繋がります。

偏光サングラス…日差しから眼を守ると共に、こちらもルアーなどが間違って飛んできた際の安全に繋がります。

化繊の長袖Tシャツ…私は直射日光を避ける為、夏でも長袖Tシャツ。(その方が直射日光を受けないので逆に涼しく、お肌の負担も減らせます。)濡れても直ぐに乾くものがオススメです。

速乾性パンツ…こちらも濡れても直ぐに乾くので、とっても快適です!(Tシャツも同様、釣具メーカーやアウトドアウエアーのものが機能的。最近はおしゃれなものも増えました♪)

サンダル…船でも滑らないものを選んで下さいね。

最後に忘れてはならない物が、ライフジャケットです☆
※釣りを楽しむ際には、必ず着用しましょう

色々と釣りを楽しむ中で、こんな風に行き着きました。
冬は冬で、私なりの寒さ対策を御紹介致します。
その他にも、オススメのものが有りましたら、その都度御紹介していきたいと思いますので参考になれば幸いです。


 今回の船宿は?

それでは、タックルやウエアーが整いましたら楽しい釣りタイムです♪

今回お世話になりましたのは平塚「浅八丸」さん。

Img_0297

ライトルアー船は人気の釣りもの


Img_0454

こちらが浅八丸さんのライトルアー船


こちらでは、平日二便、土日祭のみ三便のメニューが有り、それぞれ3時間ほどの釣行ですので、初心者の方や船に自信がないという方にも挑戦しやすいと思います。

平日・一便 am5:30出船・二便am9:30出船
土日祭・一便、二便とも平日と同じ。三便13:30出船
(完全予約制)

Img_0461

初めてでも安心。船長さんと、


Img_0474

仲乗りさんが親切に教えてくださいます☆


なお、時間やメニューはその時の状況に応じて変更されると思われますので前もって電話やインターネットで確認しましょう。

そして、浅八丸さんのとっても便利なサービスがこちら!

Img_0274


釣れたお魚を捌いてくださいます☆

Img_0279

たくさん釣れても安心


これで帰ってからも楽々♪あとは美味しく調理するだけでなんです。
便利なサービスもあるという事で、ますます釣りが楽しくなりますね。


 ライトルアー船での釣りの仕方

ライトルアー船、港を出ると船長が見る魚探の反応以外にも、鳥山やナブラ(小魚が追われて起こる水面の変化)を探し海の上を走り回ります。これが他の釣り物とはまた違った楽しさです。

Img_0419

鳥山やナブラを見つける楽しさも・・・・


鳥山やナブラを見つけると、すかさず船長が船をつけてくれるので、素早くルアーを落とします。
船の座席によって、ルアーを真下に落とせば食う場合と投げなくては食わせられない場合がありますので、臨機応変に対応できる御準備を☆

今回、まずはジグを真下に落としてただ巻き(誘ったりしないで巻き上げるだけ)してみました。

Img_0383

まずはシンプルに、ルアーをただ巻き上げるだけの『ただ巻き』で釣ります


Img_0385

すると早速魚がきます!


するとサバくん登場です♪
魚がいればただ巻きでも十分釣れますので誰でも楽しめます☆

当日も釣れた分と同じ数の魚をバラシて(掛かった魚が外れる)しまいましたが、この釣りでは特にバラシはつきもの!
ルアー(ジグ)が重い為、魚が逃げようと暴れた時にルアーの重さで外れやすいのです★
残念ですが・・・気にしている時間があったら次へ。手返しの早さが大切です。

青物は、常に動きまわっていますので、群れが去ってしまう前にルアーを海へ落とさなくては釣れる魚も釣れません。
ここがまたこの釣りの楽しさですね♪

船中みんな大忙しで、急いでいます~
魚が船に上がれば、バタバタと魚が暴れる音がして大賑わいです。

Img_0447

ファミリーの方もたくさん☆


Img_0441

夏休みの思い出作りにも最適です


 お魚が釣れたら…

釣れたお魚は、直ぐに血抜きをしてクーラーボックスへ。

血抜きは、お魚のエラのところを切ってバケツの水に浸ければ出来上がり。

Img_0481

夏は氷が溶けやすいのでたっぷりと


その後、クーラーボックスの氷に海水を混ぜお魚を入れておけば鮮度が保てて美味しくお魚をいただけます☆


 釣れないときのワンポイントアドバイス

ただ巻きだけでは食わないときには、たまにしゃくったり、巻き上げるスピードを変えてみたりしてルアーの動きを変化させましょう。

その他にもルアーのカラーや種類に重さなど、その時々に反応の良いルアーを探し出す事が釣果をあげるコツになります☆

船釣りの場合、周りで釣れているルアーの種類やカラーなど、見ただけでも得られる情報がありますので、自分だけ釣れない場合には、周囲を見て、釣れている人と自分との違いを見つけ出す事ができます。これも意外と大切な作業で、経験が少ないうちはもちろん、ある程度経験があっても、良く釣れている方の観察は勉強になる事が少なくありません。

このようにして、早く釣れるパターンを見つけだす事が釣果の鍵になるはずです♪

そして復習、鳥山やナブラが見つかり船長が船をつけたと同時にルアーを海に落とす(または投げる)こと☆

さぁ、心とタックルの準備ができたら、とっても忙しくて楽しい夏の到来を是非味わって来て下さい!

Img_0399_2

これまで以上に夏を満喫できる事間違いなしです♪♪


平塚 浅八丸:@niftyつり
住所:神奈川県平塚市千石河岸57-13
電話番号:0463-21-0904
料金:ライトルアー 乗合1人 3,500円
備考:平日 一便 am5:30出船、二便am9:30出船
   土日祭 一便、二便とも平日と同じ。三便13:30出船 (完全予約制)


文:永浜いりあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年8月11日(水) 豪華ライター陣によるプレミアム釣行レポート! ~ つり通信 Premium(プレミアム) ~固定リンク


永浜いりあのオススメFishing」カテゴリの記事

ゴマサバ」カテゴリの記事

マサバ」カテゴリの記事

平塚 浅八丸」カテゴリの記事

最近の記事