本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】沖釣り初心者と行くヒラメ釣り入門 前編:大原 長栄丸

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2011年12月 2日(金)

【ゆるゆる釣り部】沖釣り初心者と行くヒラメ釣り入門 前編:大原 長栄丸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖釣り初心者と行くヒラメ釣り入門 前編:大原 長栄丸

⇒後編はこちら


 ヒラメを「釣った」と言ってやりたい

ええと、ゆるゆる釣り部です。今回の釣りは、これからの季節といえばコレでしょう(小指を立てながらではないですよ)。千葉県大原港からのヒラメ釣りでございます。

やはり北風が冷たくなってきたら、早朝に外房までいって、温かい部屋の中とは別世界の風と波と寒さに身悶えしながらヒラメを釣るべきですよね。ぜんぜんゆるくないですが。

ちなみに私は2006年2月以来2回目という大変ご無沙汰しているヒラメ釣りなので、再入門という感じ。その時は極寒の中、ビギナーズラックで2匹釣ることができたのだが、どちらもオマツリをしている間に掛ったため、「釣った」という感覚がまるっきりなく、まさしく「釣れた」という感じ。っていうのは、自分の個人サイトに書いてあるから思い出せるんですよね(興味がある方はこちらをどうぞ)。

ある程度沖釣りの経験を積んだ今回こそは、「釣れた」のではなく、きっちりと合わせて「釣った」と言えるヒラメを持ち帰りたいところである。とかいって、さらにグレードが下がって、「釣れた」が「くれた」になったりしてね。ヒラメはなかなかくれないか。


Imgp3999_2 お世話になったのは大原の長栄丸。出船は朝4時45分だったのでまだ真っ暗だよ。


Imgp4002 玄関を開けると、元気なミドリガメがお出迎え。


Imgp4008 入ってすぐ右にあるきれいな待合室で一休み。
船に集合ではなく、船宿集合なのでお間違えなく。

大原 長栄丸:@niftyつり
住所:千葉県いすみ市大原10398-55
電話番号:0470-62-1809
料金:ヒラメ船 乗合1人 11,500円(エサ、氷付き) ※女性は1,000円引き。子供は年齢に応じて割り引きあり
備考:12月以降の出船時間は5:15。来年3月くらいまで、期間長く出船中!
午後船では一つテンヤに出船。こちらもお客様のお越しをお待ちしています!


 沖釣りの初心者にヒラメ釣りを勧めてみよう

さて今回のゲストは、ジャズベーシストの関谷友貴さん。TRI4TH というバンドで、「わらべJAZZ」という童謡をジャズにしてしまったニューアルバムが11月23日にリリースとなるそうなので、子供のいる人もいない人もぜひどうぞ。


Imgp4004 寒いから厚着してきてねといったけれど、ジーパンで来ちゃった関谷さん。
それを見越して貸す服を一式持ってきた俺えらい。


で、そんなジャズィーなミュージシャンと私のつながりは、TANDEMという二人羽織で演奏をする素敵なバンドである。といってもよくわからないと思うので、気になる方はこの動画を見てみてください。釣りの話とまるっきり関係ありませんけどね。


黒子となってベースを弾いているのが関谷さん。
ピアノを弾いている振りをしているのが私。


彼は関西出身で、野池などでブラックバスはよく釣っていたそうだけれど、船での海釣りは中学生の時に一度いった程度。そんな人をヒラメ釣りに連れていくのはどうかなとも思ったのだが、よくよく考えてみればヒラメ釣りこそ、バス釣りくらいやったことがあるけれど、船釣りはほぼ初めてというような人に最適なような気がするのだ。


Imgp4013 出船前にヒラメの釣り方をざざっと勉強。一夜漬けならぬ一分漬け。


その理由は、湾フグやカワハギ釣りのように、うまいこと誘ったり、小さなアタリをとったりする釣りではないので、船宿の貸し道具でも十分に楽しめるというところが大きい。もちろんいい道具のほうが、軽いから疲れにくかったり、アタリがダイレクトに伝わってきたりするのだが、それは実際に体験してみてわかる話なので、もっといい道具が欲しくなったら、帰りに釣具屋で買えばといいと思う。いい道具をそろえると、餌のイワシが逃げようとする感じまで把握できるらしいよ。

ここの常連さんもいっていたのだが、ヒラメ釣りはくじ引きみたいな要素が大きい。細かいテクニックや道具の善し悪しでアタリを引く確率が変わってくるのはもちろん承知なのだが、釣れるか釣れないかは、最終的にはヒラメ次第。エサのイワシにヒラメが食いつくかどうかという釣りなので、ビギナーズラックでどうにかなってしまう部分が大きいのだ。

そしてヒラメ釣りには夢がある。なんといってもヒラメはでかい。たとえ釣れなかったとしても、そこにロマンがあればいいじゃない。

なーんて考えていたんだけれど、実際は風がビュービューだったこともあり、釣り以前の問題がいろいろと立ちはだかることになったんですけどね。


Imgp4025 船宿から船までは徒歩ですぐの距離。大船長と犬がお見送り。


 手持ちの適当な道具とレンタルタックルで挑みます

今回のヒラメ釣り、関谷さんは船宿のレンタルタックルでやってもらい、私は手持ちの適当な道具でチャレンジしてみることにした。

まず竿だが、普通は7:3~6:4調子で2.4~3メートルくらい、80号のオモリが使える竿。ようするにヒラメ専用竿を使うわけだが、そういう竿は残念ながらもっていない。船宿に来る前に寄った釣具屋で、4000円くらいの竿を買っちゃおうかギリギリまで迷ったが、どうせすぐ高い竿が欲しくなるだろうと思って今回は自制。

そこで持参した手持ちの竿から船長に選んでもらったのが、ライトアカムツ用に買った1.8メートルのゲームロッド。オモリ負荷30~60号にしては若干フニャフニャしすぎている感もあるし、長さがちょっと短すぎる気もするが、こういう竿でやる人も最近は多いそうだ。


Imgp4111 これ、ものすごく胴調子なんだよね。


リールはPE4号くらいを巻いた中型の手巻き両軸リールが標準となるが、これもやっぱり持っていない。ほかに使う釣りがあまりなさそうな気もするけれど、せっかくだからと買おうか迷ったのだが、よく考えたら電動リールがPE4号だったので、これをバッテリーにつながず手巻きとして使うことにする。

手持ちで使うには多少重いが、まあ手首の運動ということで。


Imgp4106 水深が深くても20メートルとかなので、電動ではなく手巻きでOK。
さすがにこれだと竿とのバランスが悪いかな。


仕掛けとオモリは船宿で調達。船長手作りの胴突き仕掛けは、ハリス6号で孫針は三本イカリ。寝掛かりの少ない場所でやるためか、オモリをぶら下げる捨て糸のほうがハリスよりも若干長いのが特徴かな。オモリは80号が標準となる。


Imgp4041 仕掛けがシンプルで糸が太いことも、ヒラメ釣りのいいところですかね。


Imgp4043 二股サルカンをこの向きに持ち、上の糸を道糸につなぎ、下の糸(捨て糸)にオモリをぶら下げる。オモリが寝掛かりしたときに切れやすいように、下の糸のほうが細い。


 ヒラメの基本的な釣り方

早朝というよりは深夜といった感じのまだまだ真っ暗な港を出港し、しばらく走ってまだ薄暗いポイントへと到着。船長から餌の付け方と基本的な釣り方を聞いたら、ヒラメ釣りという大冒険のスタートなのだが、それにしても風が強い。

ヒラメ釣りは風が吹いている日の方が船が流されるため広範囲を探れて有利ということらしいのだがだが、さすが外房という感じの揺れ。

私はバカなので大丈夫なんだけれど(断言)、この揺れだと関谷さんの船酔いが心配だ。そしておかみさんが言っていた「うちの船は、取材があると釣れないのよね…」という言葉が気にかかる。まあ、釣りの神様が私のことを、取材と認識しているかっていう話ですけどね。


Imgp4054 餌は生きたマイワシ。カタクチイワシに比べると全然強いので、それほど神経質にならなくても大丈夫だと思う。


Imgp4120 イワシをすくうためのネットは完備されていました。


Imgp4181 上の針を横から鼻あたりに通し、下の孫針を背中に引っ掛けるのが長栄丸のやり方。


ヒラメの釣り方だが、まず餌のイワシを海に下ろしてからオモリを落とす。この順番を逆にして、餌を手に持った状態でオモリを落とすと、もれなく針がそのまま手に刺さるので気をつけよう(やったことアリ)。

仕掛けが絡んでいないことを確認したら、リールのクラッチを切って、親指でサミング(軽く押さえて糸の出るスピードを緩める)しながらイワシが弱らないようにそっと海底まで落とす。

船長に教わったやり方だと、寝掛かりをしないように1メートルくらい巻きあげたら、あとはヒラメからのシグナルをじっと待つのみ。水深はけっこう変わるので、たまにオモリを底まで落として、棚をとりなおすことが大切。

船の揺れを吸収させるために、竿は手持ちでやっている人がほとんどだが、隣のおじいさんは手持ちだと疲れるからと、3.9メートルの投げ竿を置き竿にしてやっていた。そんなやり方もあるのね。

この日は右舷に全員が並び、背中側から(船の左側から)風を受けて真横に船が進んでいくため、全員がほぼ同条件での釣りとなる。イメージとしては、客全員が横に並んでまっすぐ行進をして、たまたまヒラメの上を通った人に釣るチャンスがめぐってくるという感じだろうか。

ほら、ビギナーでもベテランと同じくらい釣れるような気がしてきたでしょう。もちろんヒラメがいれば必ず食ってくるというわけではないけどね。

アタリがあってもすぐに合わせず、3回くらい強く引き込まれたところで大きく合わせるのが一番のコツだそうだ。


Imgp4068 目指せ一匹!


というところで、次回に続きます。

後編は釣れたか釣れないか、要するに運が良かったか悪かったかの結果発表なので、その結果を待っていないで、さっさと釣りに行くのがいいと思います。予約の際には「ニフティ見たよ!」といってもらえるとうれしいです!


大原 長栄丸:@niftyつり
住所:千葉県いすみ市大原10398-55
電話番号:0470-62-1809
料金:ヒラメ船 乗合1人 11,500円(エサ、氷付き) ※女性は1,000円引き。子供は年齢に応じて割り引きあり
備考:12月以降の出船時間は5:15。来年3月くらいまで、期間長く出船中!
午後船では一つテンヤに出船。こちらもお客様のお越しをお待ちしています!


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 2日(金) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


入門ガイド」カテゴリの記事

釣行レポート」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

ヒラメ」カテゴリの記事

外房エリア」カテゴリの記事

大原 長栄丸」カテゴリの記事

最近の記事