本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】簡単手作り仕掛けでアナゴを釣ってみよう 製作編:江戸川放水路 伊藤遊船

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2011年5月20日(金)

【ゆるゆる釣り部】簡単手作り仕掛けでアナゴを釣ってみよう 製作編:江戸川放水路 伊藤遊船
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単手作り仕掛けでアナゴを釣ってみよう 製作編(江戸川放水路 伊藤遊船
※記事の最後の方に、今回ご紹介するオモリが手に入るチャンスがあります。

⇒後編(実釣編)はこちら


 渋いアナゴをどうにかして釣ってやりたい

今年も待ちに待ったアナゴ釣りのシーズンが開幕したのだが、海の様子が遅れているということもあり、残念ながらまだあまりいい話は聞いていない。去年が良すぎただけという話なのかもしれないが、どの船宿さんもポイントを絞り切れていない様子。

それでもこの季節になれば、多少釣果が悪かろうとも一回でも多く行きたいと思ってしまうのがアナゴ釣り。そしてどうせいくのであれば、一匹でも多く釣ってやりたいと思うのもアナゴ釣り。だって、おいしいんだもの。

ということで、今回は食い渋りをしているわがままなアナゴに対抗すべく、自作仕掛けを作るところから始めてみたいと思う。


江戸川放水路 伊藤遊船:@niftyつり
住所:千葉県市川市妙典2-2-14
電話番号:047-358-5774
料金:夜アナゴ船 乗合1人 7,000円(エサ、氷付き)、シロギス・アナゴのリレー船 乗合1人 9,000円 (エサ、氷付き)
備考:夜アナゴ船は土日祝のみ出船で17:00出船、沖上がり21:00。リレー船は12:00出船、沖上がり20:30。
小、中学生、高校生、女性は50%OFF。大学生も20%OFF(学割をご利用の場合は学生証をご提示ください)。また、乗船すると次回以降に使用できる割引券がもらえます。


 投げ小突きに対応した仕掛けを作ろう

船でのアナゴ釣りといえば、真下に落としてトントンする小突き釣りが昔からおこなわれてきたが、ここ数年はキス釣りのようにちょっと投げて、広く探りながら小突く釣り方がおこなわれるようになってきた。

アナゴの食いがいいときであれば、手返しのよい船下での小突き釣りでいいのだけれど、食いが悪い状態であれば、みんなが仕掛けを入れていない場所を狙える投げ小突きが有利。

もし自分が焼き鳥屋さんだったなら、人出の多い場所なら近くにライバル店があっても移動せずに一か所で売っていればいいが、人が少ないようであれば移動しながら売り歩いたほうがいいのではという話である。そうなると、店舗も移動販売に向いたものが必要となってくる。

ということで、移動販売用焼き鳥屋の設計、ではなくて、アナゴ用仕掛けの自作をする訳だ。


040
これは船下での小突きをするための市販アナゴ用仕掛け。釣鐘型オモリというやつだね。


もちろん通常の釣鐘型オモリでも投げ小突きは可能だし、それが一番と考えている方も多い。以下はあくまで私の考え方として、そういう見方もあるのかと適当に読み流してみてください。


 誘導式のオモリを自作してみる

船でのアナゴ釣りはアタリがあったら大きめに合わせて、アナゴの固い口に針を貫通させる必要がある(投げ釣りだと向こう合わせなのはなんでだろ)。それにはまずアタリをしっかりと感じることが不可欠なので、感度のいい仕掛けが大切。

そこで去年から使っているのが、伊藤遊船の木ノ内船長から教わった、針金を使った誘導式オモリである。


041
これを作ります。


作り方は針金を曲げてパーツを通すだけ。溶接とか難しい結び方などは不要なので、慣れれば数分で製作可能。コツはしっかりとしたラジオペンチを使うこと。


042
まずステンレスの0.8ミリ針金を買ってきます。20本で500円くらい。ピアノ線だとすぐ錆びるので要注意(経験済み)。


043
中通しオモリ20~25号、ゴム管、ハードタイプのビーズ、スナップ付きヨリモドシ、
ラジオペンチを用意。ステンレスの針金は半分の150ミリにカットしておく。


044
針金の端をラジオペンチでつかみ、ペンチに巻きつけるイメージで輪をつくる。
このとき、ちょっとだけ捻りながら針金を曲げると、
針金の先端がぶつからないので、このあと輪を作りやすい。


045
完全に輪が閉じる前にヨリモドシを入れて、輪を閉じる。
きれいな輪にならなくても気にしない。


針金を曲げて輪を作り、そこにヨリモドシを入れる作業さえできれば、あとは好きなパーツを組み合わせるだけでオリジナルの仕掛けができあがる。

ここでは針金にハードビーズ、ゴム管、オモリ、ゴム管、ハードビーズの順で通し、針金の端に輪を作って閉じてみた。道糸とハリスの両方にスナップ付きヨリモドシが必ずついている前提であれば、両端共にヨリモドシをつける必要はない。

これで下の写真のように、針が引っ張られるとダイレクトに道糸へと伝わる仕掛けができたわけだ。通常の仕掛けと違って、アナゴが引っ張った時にオモリの重さが加わらないので食い込がよく、またアタリもはっきりと出る。と、信じているのですが、どう思います?


046
オモリの中を通すのは糸よりも針金がスムーズみたいです。
これで船下を小突くのもOK。たぶん。


Ca3e0072
この記事を書いた後に釣具屋にいったら、ほぼ同じ仕掛けが売っていた。
これをみてしまうと、自分が作った仕掛けの完成度が恥ずかしいな。


さらに欲を張るのなら、アタッチメントをつけることで二本針にすることも可能。まだ実際に使ったことはないのだけれど、結構いけるのではないかと睨んでいる。


Img_0193
針金を曲げて、こういう部品を作ります(クリックで拡大)。


048
先ほどの誘導式仕掛けに付ければ二本針に!
なんだかモービルみたいですね。置き竿にもいいかも。


 流されにくい仕掛けも自作してみよう

さてアナゴ釣りで重要となるのが、潮の流れる方向。海に向かって後ろから前へと流れる潮なら投げ小突きで釣りやすいのだが、逆に前から後ろへと流れている場合、いくら前に投げても仕掛けがすぐに流されて船下へと来てしまうため、投げ小突きが成り立たない。

また左右どちらかに流れている場合も、あまり潮が速いようだとオマツリが怖くて投げづらい。

そこで必要となるのが、流されにくい仕掛け。どうすればいいだろうと考えた末にできあがったのが、スパイクオモリを使った投げ小突き用の仕掛けだ。ってまだ一回も使ってみたことはないのですがね。


Img_0178
まず、こういう部品をつくります(クリックで拡大)。


050
それに針と25号のスパイクオモリをつけたら完成。


これであれば、流されにくいスパイクオモリを使うことができるし、誘導式なのでアタリもはっきりと出る。オモリとハリス接続部分が離れているので、手前マツリも少ない。なんて考えてみたのですが、どう思います?


 置き竿用の仕掛けも自作してみる

アナゴ釣りは竿を両手に持って、二本竿で投げ小突きをするのが好きなのだが、潮の関係や混み具合では、一本は船下狙いの置き竿とする場合もある。

置き竿だと誘いが船の揺れ任せだし、合わせも向こうあわせとなるためエサだけ取られることも多いので、できれば二本針にしたくなるのが人情というもの。市販品でも各種二本針に対応したものが出てはいるが、アーム部分が短いものだと、針が道糸やもう一方の針に絡む場合がある。


051
あげてみるとこんな風に絡んでいること、ありますよね。


そこで通常の釣鐘オモリを改造して、アームの長い二本針用仕掛けを自作してみることにした。


052
30センチの針金を通して、真ん中で折り曲げて止めます。


053
両端にヨリモドシをつけたら完成。これだと針がどこにも絡まない。
スタイルがカニみたいでかっこいいでしょ。


これであれば針がどこかに絡むという心配が少ないし、オモリからちょっと離れるので、ドスドスと揺れるオモリにビビっている弱気なアナゴもエサに近づける。なんて想像しているのですが、どう思います?

こんな感じで自作のアナゴ仕掛けができたところで、次は船に乗って実際に使ってみようと思います。

⇒後編(実釣編)はこちら


 伊藤遊船さん×@niftyつり 二つの限定キャンペーン

この記事を読んでアナゴを釣りたくなったあなたに朗報です。
今回、伊藤遊船さんと@niftyつりのコラボ企画として、以下の二つのキャンペーンを実施いたします。お見逃しなく!

1、玉置さん特製手作りオモリを個数限定で配布
伊藤遊船さんでアナゴ船もしくはシロギス・アナゴのリレー船に乗られる方限定で、受付時に「@niftyつりの伊藤遊船のアナゴ記事を見た!」とおっしゃっていただいた読者の方先着11名様に、玉置さん特製手作りオモリが配布されます。本記事にも登場した玉置さんの自信作(?)です。
個数限定のため、無くなった場合には、その後の先着10名様に@niftyつりオリジナルメジャーステッカーをお渡しいたします。
※メジャーステッカーも無くなった場合はキャンペーン終了とさせていただきます。何とぞご容赦ください。

2、伊藤遊船さん×@niftyつり 限定クーポン発行中
以下のページからクーポンをプリントアウトして渡すと、特別な特典がありますよ。ぜひ活用ください。

PC版クーポン券


江戸川放水路 伊藤遊船:@niftyつり
住所:千葉県市川市妙典2-2-14
電話番号:047-358-5774
料金:夜アナゴ船 乗合1人 7,000円(エサ、氷付き)、シロギス・アナゴのリレー船 乗合1人 9,000円 (エサ、氷付き)
備考:夜アナゴ船は土日祝のみ出船で17:00出船、沖上がり21:00。リレー船は12:00出船、沖上がり20:30。
小、中学生、高校生、女性は50%OFF。大学生も20%OFF(学割をご利用の場合は学生証をご提示ください)。また、乗船すると次回以降に使用できる割引券がもらえます。


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月20日(金) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

アナゴ」カテゴリの記事

東京湾千葉エリア」カテゴリの記事

江戸川放水路 伊藤遊船」カテゴリの記事

最近の記事