本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】マイ電動リールでビシアジ釣り 前編:磯子 根岸丸

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2010年9月 7日(火)

【ゆるゆる釣り部】マイ電動リールでビシアジ釣り 前編:磯子 根岸丸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイ電動リールで黄金アジ&大アジ狙いのビシアジ釣りにいってきた 前編(磯子 根岸丸

⇒後編はこちら


 マイ電動リールの初釣りは初心に帰ってビシアジ釣り

前回、念願のマイ電動リールを購入したという記事を書かせていただいた。ついでに竿受けやバッテリーも買ったので、次の釣りは是が非でも電動リールを使う釣りにいきたいところである。


アジ
このリールを使うことが今回の釣りの目的です。


ニフティ編集部と協議の結果、アカムツ、スルメイカ、ワラサなどの魅力的なターゲットが候補に挙がったが、電動リールを使った釣りの王道ということで、ビシアジ釣りにいってみることにした。ビシアジなら坊主ということはないだろうし(ないこともないが)、電動リールに馴れるためにはちょうどいい釣り物だろう。


船宿:磯子 根岸丸:@niftyつり
住所:神奈川県横浜市磯子区磯子1-5-22
電話番号:045-761-5031
料金:アジ船 乗り合い 1人 大人8,900円、女性・子供は割引あり
備考:ビシ130号。出船時間は7時20分


ちなみにビシとはオモリとコマセカゴが一体になったもので、エリアや水深によって、その重さはライトな30号からヘビーな150号まで様々だが、今回のビシは電動リールなので重いやつ。重いビシを使うアジ釣りは数年前にレンタル道具一式で何度かやったことがあるが、どうにも道具がゴツすぎて疲れるので、最近はアジ釣りといえば手巻きでできる30号とか40号の軽いビシを使った釣りばかりやっている。

正直、昔ながらの重いビシを使ったアジ釣りにいい印象はあまりないのだが、ここ数年で進化した釣り道具を使うことで、ビシアジ釣りに新しい発見があるかもしれない。


 磯子の根岸丸さんにお世話になりました

私は埼玉の東の方に住んでいるのだが(ストレートにいうと越谷市)、神奈川は東京の向こう側ということで遠いイメージがあり、釣りといえば千葉側に行きがちだった。しかしそれは埼玉県民が(というか私が)神奈川という場所をイメージ的に遠い存在(なんとなく緊張する対象)だと思っているからだけで、実際は川崎や横浜あたりだと早朝だったら車で一時間ちょっととかなり近いし、埼玉からきている人も多い。

俺なんかじゃ話し相手にすらなれないと思っていた女の子が、実は話してみたら会話がかみ合ったみたいな話である。そんな経験ないけれど。いやでも千葉の釣りも好きなんだけどね。なんて勝手に千葉と神奈川を二股をかける埼玉県民の私。はい、気持ち悪くてすみません。

ということで、今回お世話になったのは神奈川県は磯子の根岸丸さん。ここは初めていく船宿だったのだが、常連さん中心のアットホームな感じ。船長が石原都知事を本物の海の男にしたみたいな感じでかっこよかった。


アジ
この「つり船センター」に根岸丸はあります。


アジ
二階建てアパートタイプの船宿って初めてだな。


アジ
魚拓には40センチオーバーのアジ。


アジ
氷は一つ無料でもらえるけれど、暑い日はもう一個買うか、持参する方が無難。


アジ
電動リールの電源は、船から直接ではなく、バッテリーを貸してくれる。
じゃあ自分でバッテリーを買わなくてよかったじゃんとかいってはいけない。


アジ
船宿の奥がすぐ桟橋になっていて、一番奥がビシアジ船。
船の間をまたいだ時に、バッテリーが入った重い鞄でバランスを崩して転びそうになった。


 ビシアジ釣りの仕掛け

今回のビシアジ釣りの道具は、電動リールが買ったばかりのレオブリッツ400 で、道糸は巻いたばかりのPE4号。竿受けもピカピカのライトホルダーメタル90CH。なにも考えずに買ったのだが、リールと竿受けが同じ色でちょっと得した気分。ついつい「コーディネートはこーでねーと!」と自信満々の顔でいいたくなる。いや、思うだけでいわないけど。なぜなら今日は一人で来たからな!


アジ
濃いブルーの組み合わせがかっこいいのだ。


アジ
船の上でマニュアルをはじめて読む。


さて前回のお買いもので唯一買わなかったのが竿だったが(なに釣るか決めていなかったので)、なんと今回はエイテックの方が貸してくれることになったのだ。私に貸してもメリットないと思うけれどいいのかな。

借りてきたのはアルファタックルの「ALB The AJI Bishi 180」という竿で(どこかのアイドルグループみたいに略して「AJB18」とはいわない)、私がイメージしていたビシ竿より全然軽く、ライトビシで使っても大丈夫なんじゃないかというくらい細身なのだが、これでもオモリ150号が背負えるらしい。最近のビシ竿ってすごいのね。

ところでアルファタックルってメーカー名だと思っていたら、エイテックのブランド名なのね。


アジ
ほしいなこれ。やっぱり返さなきゃだめかな。


使用するビシは130号で、これは船長から無料で借りられる。ビシの先にはクッションゴムならぬクッション輪ゴムがついていた。クッションゴムとして輪ゴムを使うというのを聞いたことはあったけれど実際に使用するのは初めて。これがあると口の切れやすいアジがばれにくくなるらしいのだが、アジの口じゃなくて輪ゴムが切れないかちょっと不安だ。

仕掛けは船長から購入したハリス1.5号三本針のビシアジ仕掛け。ん、いま写真をみたらビシアジじゃなくてアジビシって書いてあるな。どっちの言い方が一般的なんだろう。まあいいや。

道糸がPE4号なのにハリスが1.5号だとバランスが悪いような気がするが、最初にいくポイントは大物狙いの場所ではないので、このくらい細い方が食いがいいそうだ。


アジ
輪ゴムは普通より太めのものです。


アジ
コマセはイワシミンチ。


アジ
付け餌はアオイソメとパプリカじゃなくて赤タン(イカを染めたもの)が支給される。
どっちを使うか迷うけれど、個人的にはアオイソメのほうが釣れる気がする。


アジ
赤タンはそのまま、アオイソメは1~2センチに切って使う。
三本針なので、上から赤タン、イソメ、イソメにしてみた。


アジ
なんとなく昨日食べた刺身盛り合わせから、
イカ、サーモン、エビを持ってきてみた。特エサになったりして。


 ビシアジの釣り方

根岸丸がやるビシアジのポイントは数か所あって、季節や時間帯によって船長が一番釣れる(であろう)ポイントへと船を走らせてくれる。

本日最初のポイントは港からかなり近いようで、出港してから20分ほどで釣り場に到着。このポイントは数も大きさもそれほどではないのだが、なんといっても釣れるアジに脂が乗っているのが特徴で、最近のお気に入りポイントらしい。

水深はまさかの22メートルとライトタックルでいいじゃんと思ってしまいそうな激浅ポイント。マイ電動リールは道糸が400メートル巻いてあるので、計算上は20回高切れしても大丈夫だ。


アジ
「棚は底から1.5メートルでちょっとやってみてー」


アジ
乗船は平日なので5人。
空いていて釣りやすいけれど、撒くコマセが少ないのでアジが寄ってこない。


アジ
130号のビシを使っているとは思えないしなやかさ。
この竿なら一日シャクってもそんなに疲れなそうだし、
ビシアジ以外でも流用できそう。よって欲しい。


アジ
20メートル…あさーい!(懐かしのスピードワゴン風に)
底に着いたら青いボタンを押すと、底からの棚が右下に表示される。
自分でラインから判断するよりだいぶ正確。


ビシアジの釣り方は、船長が指示する棚(だいたい底から1~3メートル)にコマセを撒き、そのコマセの煙幕の中にエサのついた針を漂わせればいい。

船長曰くそのやり方は二種類あって、小型中型が活発に食ってくるようならば、底までビシを落としたら指示棚まで巻き上げ(赤いチョイ巻きボタンがあるので左手だけで操作できる)、竿を強く上下に振ってコマセを出し、仕掛けの分だけ(仕掛けは海中で斜めになっているので、2メートルの仕掛けなら1メートルとか)糸を巻いてやる。

これでコマセと食わせエサが同調する訳だが、食ってこなければまたビシを棚までおろして、同じことを繰り返す。二回もやればコマセがなくなるので、電動リールをウィンウィンいわせて巻き上げてやりなおし。仕掛けをおろしてから巻き上げるまでは時間にして一分少々かな。リールにタイマーがついていて、自動で何秒経ったのかがわかるのが便利。


アジ
竿を煽ってコマセを出そうとしたら、リールが外れて焦った。
リールはちゃんと取り付けよう!


アジ
回収したビシには網目より大きいコマセが残っているので捨てる。
これを付け餌につかうという手もあるらしいよ。


もうひとつの方法は、棚よりちょっと上にビシを置き、最初から仕掛けを棚に合わせる。そして軽く竿を揺らしたりしてコマセをチョロチョロと落としていき、ゆっくりとあたりを待つ方法。ゆっくりといってもコマセがなくなるまで二分も持たないけどね。これは大アジ狙いに有効だとか。

このように仕掛けを上げたり下ろしたりが多い釣りなので、いくら水深が浅いといっても、やっぱり電動リールは楽だ。

要するにどっちの方法だろうと、棚とコマセとエサが同じ水深になれば釣れるということなんだよなと、なんとなく理解したところで、竿先がググっと沈む感じのアタリがきた。オモリが130号でもはっきりとアタリは出るのでテンションが上がる。

軽く竿先を上げてみると確かな手ごたえ。右手で電動リールの巻き上げレバーをゆっくりと押し、エレベーターガールになった気分で「上へまいりまーす」と巻き上げはじめる。竿はずっと持っていると疲れるのですぐ竿掛けへ。竿先にでる魚の引き具合を見ながら、巻き上げ速度をどのくらいにするのか悩むのが楽しい。

海面まで上がってきたのは、プックリと太った金色に輝くナイスなアジ。しかもダブルと幸先好調!


アジ
両方イソメに食ってきた。


見ただけで脂が乗っているとわかる黄金のアジは、手に持つと身から溢れる脂で天麩羅が置かれていた皿のようにヌラっとしている。船長に「ここのアジは脂が乗っていそうですね!」といったら、隣の常連さんから「乗ってそうじゃなくて、乗っているんだよ!」と笑いながら怒られたので、「ですよねー」と、笑いながらあやまった。


アジ
これで脂が乗っていない訳がないか。


というところで、次回に続きます…。

⇒後編はこちら


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月 7日(火) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

アジ」カテゴリの記事

東京湾神奈川エリア」カテゴリの記事

磯子 根岸丸」カテゴリの記事

最近の記事