本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】仕立て船でマゴチリベンジに成功!

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2010年6月23日(水)

【ゆるゆる釣り部】仕立て船でマゴチリベンジに成功!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩井高崎港から仕立て船で狙うマゴチ釣り、無事リベンジ成功! (岩井 田村ボート


 今日こそはマゴチを釣ってやる

ちょっと間が空いてしまったが、先日、千葉県の内房にある岩井高崎港から仕立て船でマゴチを狙い、私にとっては七年越しの夢であったマゴチをタモ入れまで成功しておいて逃げられるという、釣りバカ日誌のワンシーンみたいな失態をさらしてしまった。それからしばらくは、そのシーンの再現VTRを脳内で正確に再生できるくらいに悔しかったのだ。

この悔しさを晴らすには、喜びで記憶を上書きするのが一番である。ということで、今度は自ら幹事となってメンバーを集め(といっても前回とほぼ同じメンバー)、また同じ仕立て船でのマゴチ釣りに挑んでみた。このメンバーは私がマゴチを釣るまで何度でも付き合わされるから覚悟するように。


マゴチ 今回はイワシの泳がせがメインなので、一人千円分のイワシを購入。


今回の参加メンバーは6人。船の座席は公平にアミダくじで1番を引いた人から選ぶことになり、2番を引いた私は左舷の真ん中へ。普通はだいたい大ドモから埋まっていくものだが、真ん中の席はエサとなるイワシを入れたイケスが近いのだ。そういうズボラな考えだからマゴチが七年間も釣れないんだよねー。しかし、ゆるゆるな釣りしかやらない釣り人には、釣果よりも大切なものがあるのだ。そういうこといっているからマゴチが七年間も釣れないんだよねー。

でも今日は釣りに対する考え方が同じレベルのメンバーばかりという心強い布陣なので、アミダの5番、6番がイケスの遠い大ドモとなった。


マゴチ アミダくじってなつかしいね。


岩井 田村ボート:@niftyつり
住所:千葉県南房総市高崎1289-4
電話番号:0470-57-2506


 マゴチのついでに一つテンヤもリベンジしておきたい

前回はまずアオリイカ狙いから始めたが、今回は最初からイワシの泳がせでのヒラメ・マゴチ狙い。なぜなら私が幹事だから。

アオリイカは前回ビギナーズラックで二杯釣ることができたので、いい思い出だけを心のアルバムに残し、勝ち逃げさせていただくこととする。


マゴチ 前回と同じ船長を指名させていただいた。


マゴチ 今日こそはマゴチが釣れるはず。と、思い続けて早七年。
七年の間に脂肪を10キロ蓄えたぜ。


今回の目的はマゴチのリベンジなのだが、実はもう一つリベンジしなければならないものがある。それは一つテンヤ。波崎での一つテンヤ真鯛釣り大会でショウサイフグ一匹という切なすぎる釣果だったので、ついでにそのリベンジもしてやろうじゃないか。二兎追うものは一兎も得ずだ。うん、ことわざの使い方が間違っているな。

一つテンヤのリベンジといってもエビを餌にマダイを釣るのではなく、一つテンヤにイワシをつけて、マゴチを釣ってやろうという魂胆である。この海はマゴチの魚影が濃いのは間違いないので、うまく誘ってやれば活きイワシ以上に食ってくるのではないだろうか。


マゴチ 針の付け方ってこれでいいのかな。


マゴチ 竿は長いと釣りづらいので、キス用にしてみた。


この一つテンヤという秘密兵器に加え、モチベーション的な部分で私の特エサを持ってきた。それはコンビニで購入した極上ロール。こういう甘いの好きなんだ。


マゴチ 3つのヒミツってなんだろう。


マゴチが釣れないのは、集中力が最後まで続かないからではとの自己診断から、「マゴチが釣れるまでこのロールケーキを食べない」というルールを設けることにしたのだ。どうだ。どうだっていわれても困ると思うが、どうだ。

イワシ餌の一つテンヤと、ロールケーキが食べたいという欲望。この二つのケミストリーが俺にマゴチを釣らせるのだ。きっときっと。


 マルイカの気配が濃い

まずはみんなイワシの泳がせをセッティングしつつ、もう一本竿を出して好き勝手なことをやるのだが、私はもちろん一つテンヤで、他の人はアオリイカのポイントではないのを知りながらエギをシャクっている。どうやらみんなにとってはアオリイカこそがリベンジすべき相手らしい。

そして釣り始めてすぐ、アミダで負けて右舷の大ドモで釣っていたSさんが、でかいマルイカをゲット。私が前回釣ったマルイカと大違いの大きさ。これが弁慶サイズっていうやつなのかな。


マゴチ うらやましさから「それをエサにして大物を釣るんだ!」というヤジが飛びまくる。
もちろん中心になってヤジを飛ばしているのは私だ。


そして別の人にはイワシ仕掛けにマルイカが抱きついてきた。しかしこれは針がかりしていないのでタモ入れ寸前にプシューっと逃亡。イカを網ですくうときは、足側からではなく頭側じゃないとダメだということを学習。


マゴチ この距離までは近づくのだが、なかなかタモには入らない。


マルイカいいなあ。マルイカもリベンジすべき対象なんだよね。今日の狙いはあくまでマゴチなのだが、こうなってくると実績のない一つテンヤを外して、実績のあるアオリーQマーブルサクラダイのエギをつけてイカを狙いたくなってくる。しかし我慢我慢。狙うはマゴチ。ここでマゴチ狙いからイカ狙いに浮気をしたりするから本命に振られるんだよなと脳内で葛藤していたら、竿先がモタっと重くなった。

この感じはイカに間違いない。イカがイワシを離さないようにゆっくりとリールを巻きながら、隣の人に「イカです!タモを持って潮先にまわってください!頭からすくってくださいね!」とハキハキと指示を出す。

そして上がってきたのは、ちょうど弁慶サイズのマルイカくらいある海藻だった。あー、恥ずかしい。


マゴチ かまえてもらったタモが虚しい。


 そしてマゴチが釣れ出した

結局イカはSさんが釣った最初の一杯だけだったのだが、すぐにマゴチやヒラメが釣れだした。最初に釣りあげたのは、右舷ミヨシで釣っていたIさん。イワシの泳がせでマゴチとヒラメを次々にゲット。


マゴチ この人、マゴチをいつも簡単に釣るんだよね。


マゴチ ヒラメもいいなあ。


よし次は俺の番だろうと一つテンヤを叩いたりシャクったり引きづったりして自己流で誘っていたら、待望の初アタリがきた。置き竿のイワシ泳がせの方にだけど。竿を持ち替えて食い込みを待つのだが、いくら待ってもガツンとくるアタリがない。

このまま待っていたら沖上がりの時間を迎えそうなので(六時間先だけど)、イワシを離しちゃったかなと思いつつ一応あわせてみると微妙に重い。はい、前回と同じくマトウダイでした。しかもサイズダウン!


マゴチ なぜか俺だけマトウダイが釣れる。ナイスガイだからだろうか。


マゴチ それにしてもいい海だ。あの辺りに家を買いたい。


マゴチ ナブラがたったらすぐ投げようとルアーも用意していたけれど、
この日は残念ながら出番なし。


 一つテンヤでまさかの大物ゲット!

さて一つテンヤでマゴチを狙って三時間。いまだ一度もアタリなし。周りではマゴチやらヒラメやらエソやらがポツポツと釣れているので、魚がいないっていうことはないはず。すると問題があるとすれば私の誘い方か。

まあでもそうだよね。私を含めて船に乗った六人全員が生きたイワシを泳がせている中で、死んだイワシを適当にピョンピョン動かしたところで、さあ魚が食いつくのはどっちでしょうっていう話か。ネクロマンサーのように死んだイワシを生きたイワシ以上に操れればこの釣り方でも釣れるのだろうが、そんな技術はございませんっと。

やっぱりせっかく活きイワシがたっぷりとあるんだから、素直に泳がせで狙った方がいいかなと思いはじめたそのとき、手に伝わってきたのはテンヤを抑え込むようなどっしり系のアタリ。即合わせると、はいきたー。はい大物ー。


マゴチ 作戦通りの展開!


この手ごたえ、間違いなく大物。だがしかし、大物なんだけれど、なんだかニョロニョロした手ごたえ。思い出すのは以前釣った80センチオーバーのウナギやダブルで掛かったアナゴなどの長物系。

これはちゃんとした魚じゃないなと思いつつも、マゴチだって結構長いからやっぱりマゴチなんじゃないかとポジティブシンキングでリールを巻くが、上がってきたのはやっぱりニョロニョロ系。


マゴチ おお、明らかにマゴチじゃない。


アナコンダかと一瞬見間違えたそれは、ナイスサイズのウツボでございました。僕が釣りたかったのはコレジャナイ。イワシを使った一つテンヤで初めて釣った獲物がウツボかよ。


0000 人生で一番長い獲物かも。うれしくはないけれど。


釣りあげたのはいいけれど、リリースするにもどうやって針を外したらいいかわからず、アオイソメに噛まれそうだとキャーキャー騒いでいる釣り初心者の女の子みたいに困っていたら、私の後ろで釣っていたHさんが「ウツボうまいんだよねー」といいながら、ナイフを二刀流に持ってサッと血抜きを始めた。師匠、これはウツボを持って帰れっていうことですね。


マゴチ あぶないので素人は決して真似してはいけません。
生きたウツボを絞めるのは熟練者だけができる技です。


Hさんからきれいに頭と内臓を取り除かれたウツボを渡され、とりあえず今日の夕飯は確保することができた。このウツボを食べた話はデイリーポータルZに書いた「ウツボはうまい」を読んでみてください。確かにうまかったです。サンキューHさん。


 そしてマゴチの時合いがきた!

実はかなり自信があった一つテンヤなのだが、頑張った末に釣れたのがウツボということで、完全に心が折れてしまい、リールを両軸に変えてイワシの泳がせに変更。一つテンヤのリベンジはまたの機会に。もうマゴチが釣れればなんでもいいです。


マゴチ 最初から両方の竿でイワシを泳がせておけばよかった。


さて一本は手持ち、一本は置き竿でイワシの泳がせ二刀流をはじめたのはいいけれど、日が高くなるにつれてアタリも減り、たまにアタリはあっても歯型だけを残してサヨウナラという状況が続いた。私のイワシをキズモノにしやがって。


マゴチ そう、実は私は釣りがヘタなのです。


マゴチ Hさんが釣りあげたベラ。よくその口でイワシを飲みこんだな。


ポイントを何度か移動をした後、船は見覚えのある富浦湾へとやってきた。富浦湾といえば、私が初めて手漕ぎボートに乗ってマゴチを狙った原点ともいえる場所。なるほど、私が初のマゴチを釣るのにこれほどピッタリの海はない。なかなか気のきいたストーリーじゃないですか。


マゴチ 本当は一匹目のマゴチを、
ここ富浦の手漕ぎボートで釣りたかったけれどね。


どうやらこの富浦湾もそのストーリーに乗ってくれたらしく、マゴチがガンガンと当たるようになった。私以外にだが。まずはアミダくじ五番目の左舷大ドモの白帽子メガネさん(彼は初対面なのだが、名前を聞くのを忘れたので勝手なあだ名で呼ばせていただきます)。でっぷりと太ったマゴチをアナゴ用なんじゃないかと思わせるガチガチの硬い竿で釣りあげた。


マゴチ 釣れる時は道具なんて、関係ないね(急に柴田恭平のモノマネで)。


続けてマルイカを釣ったSさんにはげしいアタリ。無事タモ入れをしたところで、みんなが集まって大騒ぎをしている。


マゴチ なにが釣れたんだろう。


タモを覗くと、そこにはウツボとマゴチという私にとっての「現実と理想」が一緒に入っていた。なんでも活きイワシとサバの切り身の二本針でやっていたら、この組み合わせが釣れたのだそうだ。


マゴチ ちなみにこのウツボはHさんが喜んでもらっていった。


マゴチ そしてさりげなくIさんが二本目をゲット。


みんなマゴチが釣れていいなあと思っていたら、ようやく私の竿にもガツンとヒット。すぐにあわせるとガンガンと感じるはっきりとした強い引き、これはウツボではなくちゃんとした魚だ。今度こそマゴチでしょうと巻き上げると、茶色くてほっそりとした魚影が見えた。よし、今度こそマゴチだ!


マゴチ 今度こそマゴチ!


ついにマゴチきたーーーーー!っと思ってタモ入れしたら、エソだったりして。ぎゃふん。


マゴチ ついに私もエソ師になったか。


前回の釣りでみんながエソを釣っては苦笑していた気持ちがようやくわかった。引きはしっかりとしていて大物の期待十分、魚体を水面下でぱっと見た感じはマゴチにそっくり。でもタモに入ったのはエソじゃあ苦笑もしたくなるね。


マゴチ あまりにガッカリしたので、マゴチを釣るまで食べまいと
誓っていたロールケーキをつい食べてしまった。


 そしてまさかのマゴチゲット!

実は昨日の夜、アナゴ釣りの船に乗っていて、そのまま岩井に直行して車で仮眠をとって、この釣りに挑んでいたりする。要するにものすごい睡眠不足なのである。

どうにか睡魔と闘いながらマゴチを夢見て頑張ってきたが、さすがにもう限界。ようやくマゴチが釣れたと思ったらエソという展開に、張りつめていた緊張の糸がぷっつりと切れてしまった。別の意味でマゴチを夢みてしまう。グーグー。


マゴチ おやすみなさい。


どれくらい寝たのだろうか。昼寝から目覚めて意識がはっきりすると、私は一匹のマゴチを釣りあげていた。えー。


マゴチ とうとうマゴチ釣れちゃった。
初めて釣れたからどうやって持っていいのかがわからないよ。


ええと、一体なにがあったのかというと、寝ている間に手持ちにしていた竿にマゴチが掛かり、その引きに起こされて寝ぼけたままリールを巻き、意識がはっきりしない状態でマゴチを釣りあげてしまったのだ。そのため、ほとんど釣っているときの記憶がないという記念すべき初マゴチってどうよ。

野生動物である魚は殺気に敏感。きっと私はマゴチを釣りたいと思う気持ちが強すぎて、それがマゴチに逃げられる原因となっていたのだろう。しかし眠ることでその殺気が消え、ようやくマゴチを手にすることができたのだ。酔拳ならぬ睡拳か。

そういえば釣りキチ三平でも、どんなに狙っても釣れなかったニジマスが、寝ている間に掛かっていたという話があった気がする。なるほど、俺も三平クラスの釣り人になったっていうことだな。


マゴチ 本当に俺が釣ったのだろうか。


なんだか釣った気がしないけれど、とにかくマゴチリベンジ無事達成。もしかしたら寝ている間に誰かが私の針に自分が釣ったマゴチをかけておいたのかもしれないとちょっと疑っているけれどね。

ちなみにこの日のチャンピオンは、4匹のマゴチと一匹のワニゴチを釣ったSさん。どうやらアミダくじで負けて最後に残っていた席が、この日は一番よかったみたいだね。


マゴチ すべての指にコチをぶらさげての記念写真。いいなー。


七年間追い続けてきたマゴチを釣ってしまって、卒業式のようにちょっとした人生のエンディングを迎えてしまったような、ちょっと寂しい気持ちになるかと思ったら、寝ながら釣りあげたので、ぜんぜん感傷的な気分はナシ!達成感もまるでナシ!

次はきっちりと意識のある状態で、60センチオーバーのマゴチを釣ってやるぜ!


マゴチ 初めて釣ったマゴチの白子。最高でございました。


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年6月23日(水) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


釣行レポート」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

マゴチ」カテゴリの記事

内房エリア」カテゴリの記事

岩井高崎 田村ボ-ト店(石町丸)」カテゴリの記事

最近の記事