本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】波崎ひとつテンヤ真鯛大漁祭りレポート 前編:波崎 浜茄子丸

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2010年5月15日(土)

【ゆるゆる釣り部】波崎ひとつテンヤ真鯛大漁祭りレポート 前編:波崎 浜茄子丸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回波崎ひとつテンヤ真鯛大漁祭りに参加してきた 前編(波崎 浜茄子丸)


 波崎でひとつテンヤの腕試しだ!

今年になってはじめたひとつテンヤでのマダイ釣り。シンプルな道具で大物を狙うその独特の釣り方にすっかりハマってしまった訳だが(といってもまだ三回しかいっていないけど)、この釣りの大会である「波崎ひとつテンヤ真鯛大漁祭り」が 5/5に茨城県の波崎であるという情報をつり雑誌で発見した。

ゴールデンウィーク中、ひとつテンヤに一度はいこうと思っていたので、ちょうどいい腕試しとばかりに挑んでみることにした。狙うはもちろん、憧れの巨大ホウボウ…という本音は心にしまって、一応大型マダイを釣っての優勝である。

これがカワハギのように数を競う釣りだったら勝てる気はしないけれど、釣った中の三匹の総重量を競うひとつテンヤのマダイ釣りなら、もしかしたらもしかしちゃうような気がするのだ。まあ宝くじを買ったら三億当たるような気がするのと同じレベルの期待感だけどね。


Imgp3229 サロペットを試着しないで買ったら、
「こんなに痩せました」みたいなサイズになってしまった。


朝四時半から受付開始という外房らしいタイムスケジュールにめげることなく現地に到着。受付で参加賞をたくさんもらって、この時点で「来てよかった!」と一仕事した気分になってしまったが、目指すのはあくまで優勝。優勝カップに日本酒を並々注いで相撲取りみたいに飲んでやるぜ。いや、車できたからやっぱり十六茶で(ガッキー好き)。


Imgp3219 実用品が盛りだくさんの参加賞。ラップとかラップとか。


 船宿の紹介

今回の大会に参加しているのは波崎にある8つの船宿。波崎から船に乗るのは初めてでどこにするか迷ったのだが、ホームページに乗っていた「アルミ合金製大型高速船」という言葉にひかれて浜茄子丸さんをセレクトしてみた。

ちなみに浜茄子丸はハマナスであって、ハナマサではない。それは肉屋だ。予約の時に電話で間違えて「ハナマサ丸さんですか?」といってしまったのは内緒だ。


Imgp3211 アルミ合金製!


船宿名:浜茄子丸(はまなすまる)
住所:茨城県神栖市波崎
電話番号:0479-44-4627
ホームページ
浜茄子丸(はまなすまる)の船宿ガイド:@niftyつり


 参加者がいっぱいいる

ひとつテンヤというと千葉県の大原が発祥の地で、私もそこの新幸丸で釣り方を覚えた。ここ波崎ではまだまだひとつテンヤを売りにしている船宿は少ない。そんな波崎という場所での第一回大会、どれくらいの参加者が集まるのかと思ったが、多くの船が満船で、余裕で100人以上が集まったようだ。ということは、単純計算で優勝確率1%以下ということか。

この大会の釣法はもちろんひとつテンヤなので本命はマダイなのだが、検量はハナダイでもホウボウでもヒラメでもスズキでも、フグやサメの類でなければだいたいOKというアバウトなもの。厳格な大会ではなくて、あくまでひとつテンヤを盛り上げるためのお祭りのようである。釣りでお祭りっていうと、隣の人と糸が絡みそうであれだけど。


Imgp3240 参加者の顔つきを見て、優勝はないなと正直思った。


さてこの連載では毎回ゲストを呼んでいるのだが、今回のゲストは逗子にロシナンテ号というボートを持っているロッシさん。いつもお世話になっております。彼は陸っぱりで釣りを始めて、すぐにボートを買ってしまったために乗合船に乗るのはは今日がはじめてという変わり種。最近は自分のボートでひとつテンヤを試しているのだが、エサをとられるばかりで全然釣れないので、研究のためこの大会にやってきたのだ。


Imgp3271 ロッシさんのボートでは、ライトアマダイ釣りなどで何度もいい思いをさせていただきました。


Imgp3280 出船してすぐに、ジーパンできたことを後悔していたロッシさん。
広々とした釣りやすい船でした。


Imgp3213 いきなりリーダーを巻きこんでぐちゃぐちゃになった私のリール。
わかりやすく前途多難である。


 大会がスタートした

順番に港を出た船は、少し沖合にて全ての船が揃うのを待ち、よーいドンでフルスロットル。今大会の舞台である大根(ダイコンじゃなくてオオネ)を目指す。


Imgp3316 レースみたいでおもしろいけれど、すべてのものがしぶきで濡れるぜ。


ポイントに着いたところで、エサの付け方や合わせ方など、とりあえず私の知っている範囲でのひとつテンヤ釣法の知識をロッシさんに教える。釣れなかったらコーチが悪いということになるので、彼には大いに釣っていただきたい。


Imgp3281 エサはサルエビ…じゃないな。大正エビかな?


Imgp3351 身がしっかりしていて、付けやすいエビである。これなら釣れる気がする。
テンヤは読者の方からの差し入れしてもらったこだわりの手作りテンヤ。


さて大原の新幸丸では、シーアンカーを入れての流し釣りスタイルだったので、ひとつテンヤはすべてそういうものかと思っていたが、この船はスパンカーを上げてエンジンかけっぱなしで操船しながらのスタイル。そのため仕掛けはほぼ真下に落ちていくことが多かった。

これは今日参加していたどの船も同じようで、船長さん曰く、シーアンカーも用意しているが、今日は潮が速すぎてシーアンカーだと釣りにならないそうだ。ところ変われば釣り変わる。

水深は30メートル前後。常連さんの話だと、ここは大原より北に位置するため、まだ水温が若干低めらしい。こっちのタイは水温が低くても食ってくるという話だが、寒いときは温かいものが恋しくなるから、エサをレンジでチンして温めて使ったらどうだろう。思っただけで試さないけど。


Imgp3327 ロッシさんは技術を持ち帰ることが目的なので、自前のキス竿で挑戦。


ひとつテンヤの釣り方は本当にシンプル。ゆっくりと仕掛けを落とし、そこに着いたら少し上げて待ち、大きく誘いをいれていく。ひたすらこれを返す。

うまい人は最初の落とし込みでのアタリをキャッチするというのだが、そのアタリが正直まだまったくわからない。あとスプールをあげている状態での合わせ方も謎。シンプルな釣りなのだけど、やればやるほど壁にぶち当たる釣りである。

釣り始めてから30分。エサは齧られるが魚は掛からない時間が続き、早くも不安になってきたとろで、ミヨシ側の竿が大きく曲がった。


Imgp3329 最初の一匹ってうらやましいよね。


船中一匹目で上がってきたのは、キロオーバーのきれいなマダイだ。なるほど、この海にもしっかりマダイはいるらしい。魚がいるなら私にだって釣れるはず。テンション高めでいってみよう。


Imgp3343 いーなー、いーなー。


というところで、次回に続きます…。

後編はこちら

文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年5月15日(土) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


釣行レポート」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

ひとつテンヤ」カテゴリの記事

マダイ」カテゴリの記事

波崎 はまなす丸」カテゴリの記事

茨城エリア」カテゴリの記事

最近の記事