本文へジャンプします。



つり通信

旨い魚を釣りたい!食べたい! 今何が釣れるのか、爆釣願って沖に出た、業界最速の実釣レポート!

現在位置: つり通信 > 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ > 【ゆるゆる釣り部】釣り初心者といくライトアジ 前編:川崎桜橋 つり幸

釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~ RSS

2010年4月 5日(月)

【ゆるゆる釣り部】釣り初心者といくライトアジ 前編:川崎桜橋 つり幸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海釣り初めての初心者といくライトタックルアジ 前編(川崎桜橋 つり幸)

⇒後編はこちら


 初めての海釣りならライトタックルアジだ

前回の取材では、ひとつテンヤでのマダイ釣りという今まで体験したことのないパラダイスへと足を踏み入れた訳だが、今回は初心に戻ってライトタックルのアジ釣りである。この釣りは手漕ぎボートをいれれば、私の船釣り経験の中で、シロギス釣りと並んでかなりの割合を占める得意分野の釣りだ。食事でいったら食パンくらいの頻度で釣っている。

なので私がただ釣ってもおもしろくないので、船釣りをしたことのない初心者を連れて行き、その人が釣れるのかにスポットを当ててみたいと思う。ということで、今回のゲストは、某つぶやき系サイト(twitterともいう)での適当な募集に応募してきた、釣り初心者の橋本君(仮名)。応募した理由は、「船に乗ってみたかったから」だそうだ。

「なんだ、男かよ!」と思った方は、彼の顔を好きなアイドルなどに脳内変換して読み進めてください。


imgp9827 こういう企画は女性ゲストにすべきだよなと思ったのだが、
釣れなくてゲストに嫌われても困るので、あえて男性にしてみました。


 船宿の紹介

本日お世話になる船宿は、川崎にあるつり幸さん。つり幸と書いて「つりこう」と読む。そう、「つり幸に釣りいこう!」といいたくなる船宿なのだ。たぶん今までに500人はいっているな。

ここのライトアジは午前船と午後船があるのだが、今回はやる気を出して午前船にしてみた。場所が川崎だけにアクセスがよく、埼玉の我が家からでも車で一時間でついてしまった。


imgp9823 ライトアジ以外にも、イシモチやらマルイカやら、
いろいろな釣り物があります。


船宿名:つり幸(つりこう)
住所:神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
電話番号:044-266-3189
ホームページ
つり幸の船宿ガイド:@niftyつり


imgp9821 車を止める場所が釣り物によって違うので、係の人の指示に従ってください。
ちなみに橋本君は「なに釣り?」と聞かれて、うまく答えられなくて困ったくらいの初心者。
川崎駅からの送迎があるので、電車での釣行も可能です。


 手ぶらで船釣りはできるのか

ゲストに呼んだ橋本君は高校の同級生で、昔から釣竿やリールよりも、キーボードとマウスのほうが断然似合うタイプの人間。最近は誰かの結婚式くらいでしか合わないような距離感の友人だ。そんな彼もこの年になってようやく釣りに少し興味を持ったらしく、去年の秋にはじめて「管理釣り場でのヘラブナ釣り」にいったそうだ。渋い。

当然船釣りの道具なんて一切持っていない訳だが、最近の船宿は貸し道具が充実しているので、今回は手ぶらできてもらった。


imgp9832 船宿で受付をすると、乗船札と仕掛け一組を渡される。
札は船の上で、エサと引き換える。


imgp9829 橋本君は当然貸し竿。貸し竿は無料なのがうれしい。


imgp9834 氷もサービスでもらえるよ。クーラーボックスはとりあえず私のを共用で。


このように道具類はレンタルで大丈夫なのだが、問題は着るものである。前日に「海の上は寒い?」というメールがきたので、「寒い。ジーパンだと凍える。スキー場だと思って。」と返しておいたのだが、結局彼はジーパンで着てしまった。そんなに凍えたいのか。

上着はモコモコしたのを着ているから、多少汚れるのは自己責任ということでいいとして、問題はやはり彼の下半身。いや、変な意味ではなく。

靴は長靴を私が二足持ってきたのでそれを貸す。ズボンは別にジーパンでもいいといえばいいのだが(寒いのは私じゃないし)、濡れて風邪でも引かせたら後味が悪いので、船宿に安いカッパでも売っていないかと聞いてみたら、なんと無料レンタルのカッパがいくつかあった。ナイス!


imgp9853 カッパは数は少ないから早い者勝ち。そんなに借りる人はいないか。
長靴もレンタルがいくつかあったよ。


imgp9838 手ぶらでいいよとはいったけど、まさか飲み物すら持ってこなかったとは思わなかった。
恐るべし初心者。乗船前に一応確認しておいてよかった。


imgp9858 ライトアジもいいけれど、ライトウイリー五目も楽しそう。
いろいろ釣れるから夏休みの自由研究にきっと最適。


imgp9830 船の座席は早い者勝ち。揺れに強い大型船。きれいなトイレも完備。


imgp9830 釣り初心者って、ライフジャケットの着方がわからないよね。
この迷っている様を見るのが初心者といくときの楽しみ。


imgp9866 船に常備されているバケツがかわいかった。


このように乗船前に借り物競争をすることで、無事道具と衣類の一式が揃った。借り物のカッパを着た途端、「よし、テンションが上がってきた!」と喜んでいた。うん、格好って大事だよね。


 本日の目標はアジ10匹

小学校低学年の子供や初心者のおっさんを乗せた船は時間通りに港を出発。ここから40分ほど走った猿島沖がライトアジのポイントだ。橋本君がそこに着くまでの間に船酔いで倒れたらどうしようと心配だったが、早春の船釣りにジーパンで着ちゃうような男なのに、酔い止めはちゃんと飲んできたそうでヘッチャラだった。


imgp9867 天気はいいけど、ちょっと風が強いかな。


さてこれからアジを釣るにあたって一応目標があった方がいいだろうと思い、とりあえず10匹というノルマを伝えたら、「え、そんなに釣れるの!」と驚かれた。

確実に釣れるのかといわれると、釣れる時は釣れる、としか答えられないのが釣りなのだが、まあ所詮アジだし、半日船でも10匹くらいは何とかなるでしょう。と、このときは軽く考えていた訳だ。あーぁ。


imgp9878 ポイントに着くまで、「工場萌え」な方にはたまらない景色を楽しめます。
私はすぐに船内に避難してしまいますが。


 コーチ役は私ではなく、常連さん

釣り場に到着したところで、船長さんが太鼓判を押す常連さんから、橋本君へ釣り方を一通り伝授していただく。郷に入っては郷に従えだ。

私が釣れてきたんだから私が教えろという話なのだが、そうすると「この釣りはライトアジとレフトサバがあって…」とか「アオイソメは蒼井染さんていう人が発見したゴカイで…」という感じで、真顔でウソから入ってしまう恐れがあるのだ。面倒くさいですね。


imgp9893 名人が教えているのを、横で聞いているのが好き。
ちょっと波が強いけれど、これくらい潮が動いている方が釣れる気はする。


imgp9885 このテンビンとビシ(おもりのついたカゴ)のセットは船の上で借りられる。
左上が道糸に結ぶ側で、右側のスナップに仕掛けをつなげる。
ビシに入れる寄せ餌はイワシミンチ。


imgp9895 エサはアオイソメが支給されるので、1センチくらいに切って使う。
ニョロニョロ系がダメな人は、オキアミとかを持ち込んでみよう。


imgp9899 船の上で使う道具類を、小さなバケツにまとめておくとなくならなくて便利。
今日の記事で唯一の役に立つ情報です。役に立つかこれ?


橋本君が名人から真剣に教わっている横で、さっそくこちらも竿を出してみる。イワシミンチを詰めたビシを水深25メートルの海底まで落とし、1メートル巻いて軽く一振り。さらにちょこっとリールを巻いて、コマセとエサを同調させるイメージを思い描く。

するとすぐにククっと竿先が引っ張られた。慎重にリールを巻き上げると、ちょっと小さいけれど一投目から本命のアジが釣れてしまった。まあ、めずらしい展開。


imgp9909 ほらほらほら!


この調子なら目標の10匹なんてすぐかなと思ったのだが、ここから先が長く険しい道のりだった。

というところで、何と次回に続きます…。
後編はこちら



船宿名:つり幸(つりこう)
住所:神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
電話番号:044-266-3189
ホームページ
つり幸の船宿ガイド:@niftyつり



文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年4月 5日(月) 釣り方・仕掛けなど人気魚種の攻略法を紹介! ~ 沖釣りキング ~固定リンク


釣行レポート」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

アジ」カテゴリの記事

イシモチ」カテゴリの記事

川崎桜橋 つり幸」カテゴリの記事

東京湾神奈川エリア」カテゴリの記事

最近の記事