本文へジャンプします。



つり通信

堤防、砂浜、海釣り公園。家族や子連れでも楽しめるポイントガイドや、実釣レポートを届けます。

現在位置: つり通信 > 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ > 【ゆるゆる釣り部】旅行先での遊び釣り with ガルプスティック チョイ投げ 前編:佐渡島

海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ RSS

2011年9月21日(水)

【ゆるゆる釣り部】旅行先での遊び釣り with ガルプスティック チョイ投げ 前編:佐渡島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

旅行先での遊び釣り with ガルプスティック チョイ投げ 前編(佐渡島)


 旅のお共にガルプスティック

ガルプスティックというコンパクトロッドを使っていろいろ釣ってみようというこのコーナーだが、この竿が一番得意とする釣りは、本命をコレと決めての気合を入れた釣りではなく、旅の途中で時間が空いたときに、ちょろっと竿を出してみるような釣りなのかもしれない。

ということで、今回は佐渡島旅行の合間に、ガルプスティックで釣りを楽しんでみたレポートである。

せっかく釣り天国である佐渡島までいって、行き当たりばったりの遊び釣りってどうなのよって思うかもしれないが、気楽な釣りもいいものですよ。


1人生初の佐渡島。最高の島でした。


2ガルプスティックは荷物にならないので、旅のお供に最適です。


 友人に現地ガイドをお願いした

まったく土地勘のない佐渡で釣りをするにあたって、本当の行き当たりばったりでもよかったのだが、以前に知り合った佐渡在住の釣り人、大崎さんに連絡をして(ライブハウスで2分くらい話をしただけの関係だけど)、気合のいらない釣り場を案内してもらうことにした。

彼はここ佐渡でギターを作る仕事をしているのだが、仕事帰りに魚を釣って、それを夕飯にするという、ロック&フィッシュな夢の生活をしている釣り人だ。うらやましいったらありゃしない。


3佐渡でギターを作っている大崎さん。
アルフィーでいったら坂崎さんタイプだろうか。


釣りのメンバーは、案内人の大崎さんと、実家が佐渡で東京在住のエアギタリスト宮城マリオさん(どんな人なのかはこちらの記事参照)、そして私の家族。

佐渡のギター職人、NHK紅白歌合戦にも出演したエアギタリスト、活動停止中の二人羽織ギタリスト(私のことです)の夢の共演なのだが、それは釣りとは関係ない話なので、そっとしておこう。


4右のちょんまげが宮城さん。釣り経験はほとんどナシ。


 ちょい投げで釣ってみましょう

今回は節操無く3種類の釣りを一日で試してみる予定なのだが、まずは一番手軽な防波堤でのチョイ投げから。昼間に温泉入ったりの観光をしていたので、午後三時半からののんびりスタートだ。

この時間だと、旅先でのシチュエーションとしては、宿にチェックインしたあとの夕飯までの暇つぶし、という感じだろうか。

さすがは佐渡、土曜日だというのに、釣りに絶好な防波堤が貸し切り状態である。東京近郊だと考えられない釣り場の人口密度。この解放感こそが、旅先での釣りのいいところかな。


5ガルプスティックとスピニングリールの組み合わせで何種類釣れるかな。
道糸はPE1号で、先糸にフロロ4号が3メートル。


使う道具については、大崎さんから「竿とリールだけあれば、あとは用意します!」という心強い連絡をいただいていたのだが、一応初心者向けのチョイ投げ仕掛けだけは持ってきてみた。

天秤オモリと仕掛けがセットになっているので、糸の先に結ぶだけで釣りができるというお気楽仕掛けである。このくらいが旅行中の遊び釣りっぽくていいかなと。


6あとは予備の仕掛けとハサミとクーラーバッグくらいしか持ってきていない。


7エサは保存が効く人工エサのガルプが便利。


 大崎さんのオリジナル仕掛け

私の仕掛けは旅先モードのお気楽なものだが、大崎さんが用意したのは、普段から夕飯のオカズ確保に使っているもの。

さすがに物心がついた頃から竿を握っていたほどの釣り好きだけあって、チョイ投げ釣りとはいえ、ちょっとしたところにこだわりが感じられる仕掛けである。


8こちらは大崎さんのオリジナル仕掛け「ウキおもり」。


この見慣れないオリジナル仕掛けの「ウキおもり」だが、大崎さんによると3つの理由があるそうだ。

一つ目は、一般的なナス型おもり単体(この時は8号のナツメおもり)だと、下の写真のように底にベタ付きになり、接地面積が多く、引き釣りの場合には抵抗が大きくなる。


A通常のキス用天秤仕掛けの場合。


ウキおもりの仕掛けでは、ウキの浮力の助けがあり、引っ張る際のおもりの接地面の抵抗が減り、地底の形状が分かりやすく、引き心地も滑らかになる。 したがって、集中力も持続しやすい。


B ウキおもり仕掛けの場合。


この微妙な差が、男性には対したこと無くても、慣れない女性や子供には随分違って感じるらしい。

2つ目は、おもり、ウキをピアノ線でまとめたことによって、写真からも分かるように、おもりに対しての支点が上がり、魚からのアタリが明確になる。テコの原理の力点、作用点というやつらしい。

3つ目は、自分で作った仕掛けだから、釣れたらより嬉しい!

9天秤には先糸が50センチほどあって、その先に50本仕掛けから2~3本切って付けるのが大崎さん流。


10エサはジャリメなのだが、滑り止めがギターを切ったときの木屑なのがロックンロール。


11クーラーには竿立、タオル、餌箱、メゴチバサミが機能的にセットされていた。


今回は大崎さんという案内人がいたので釣り場に直行となったけれど、もしそういう人がいなければ、地元の釣具屋で情報収集をして、現地のエサと現地の仕掛けでやってみるというのも楽しいよね。

「この竿とリールを使って、釣れる魚とポイントと仕掛けを教えてください!」みたいな会話が、旅の思い出になったりならなかったり。事前にいろいろ調べていくよりも、かえって意外な魚や予想外の仕掛けに出会うチャンスかも。このあたりは入った釣具屋との相性次第かもしれないけれどね。

大事なことは、釣りをする時間がとれるかどうかわからなくても、とりあえずは竿とリールだけでも持っていくことかな。たとえ1時間でも、旅先で竿を出すことができれば、けっこう満足するものですよ。


12ちなみに昼食は佐渡の回転寿司屋でうまい魚を食べて、モチベーションをあげてきたぜ。


というところで、次回に続きます…。


 一本の竿でいろいろな魚を釣るシリーズ:バックナンバー

【ゆるゆる釣り部】一本でいろいろな釣りに使える釣り竿を買ってみた (第1回)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 前編 (第2回前編)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 後編 (第2回後編)
【ゆるゆる釣り部】スピニングリールでの投げ釣りをマスターしよう with ガルプスティック (第3回)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 前編 (第4回前編)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 後編 (第4回後編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 前編 (第5回前編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 後編 (第5回後編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤から餌木でタコを釣りたい with ガルプスティック (第6回)
【ゆるゆる釣り部】食べるためにウツボを釣りたい with ガルプスティック (第7回)
【ゆるゆる釣り部】夜の防波堤でカニを釣りたい with ガルプスティック 前編 (第8回前編)
【ゆるゆる釣り部】夜の防波堤でカニを釣りたい with ガルプスティック 後編 (第8回後編)
【ゆるゆる釣り部】初心者といくウナギ釣り with ガルプスティック 前編 (第9回前編)
【ゆるゆる釣り部】初心者といくウナギ釣り with ガルプスティック 後編 (第9回後編)
【ゆるゆる釣り部】東扇島西公園で陸っぱりからマゴチ釣り with ガルプスティック 前編 (第10回前編)
【ゆるゆる釣り部】東扇島西公園で陸っぱりからマゴチ釣り with ガルプスティック 後編 (第10回後編)


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年9月21日(水) 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~固定リンク


コラム」カテゴリの記事

入門ガイド」カテゴリの記事

釣行レポート」カテゴリの記事

ちょい投げ」カテゴリの記事

ガルプスティック」カテゴリの記事

シロギス」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

最近の記事