本文へジャンプします。



つり通信

堤防、砂浜、海釣り公園。家族や子連れでも楽しめるポイントガイドや、実釣レポートを届けます。

現在位置: つり通信 > 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ > 【ゆるゆる釣り部】東扇島西公園で陸っぱりからマゴチ釣り with ガルプスティック 前編:東扇島西公園

海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ RSS

2011年8月22日(月)

【ゆるゆる釣り部】東扇島西公園で陸っぱりからマゴチ釣り with ガルプスティック 前編:東扇島西公園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東扇島西公園で陸っぱりからマゴチ釣り with ガルプスティック 前編(東扇島西公園)

⇒後編はこちら


 東扇島西公園でマゴチが釣れるらしい

高性能&スタイリッシュ&コンパクトなロッドのガルプスティックでいろいろな魚を狙うシリーズ、今回は私にとって因縁浅からぬマゴチが相手。何年も追いかけ続けて、ようやく去年になって乗合船から釣ることができたアイツだ。

そいつを今度は乗合船でも手漕ぎボートでもなく、陸っぱりから釣ってやろうという企画である。この私が陸っぱりからマゴチ釣りだ。行く前からボウズの匂いがプンプンする企画だが、一応勝算があるにはある。

川崎にある東扇島西公園という釣りが24時間できる素敵な場所で、ハゼやザリガニをエサにマゴチが釣れているという情報を、勇竿釣具店という東扇島西公園を知りつくした釣具屋さんのサイトで発見したのだ。釣果情報はこちら

今回はこの勇竿釣具店さんにポイントや釣り方を伺うことで、私の経験の浅さをカバーしてみたいと思う。

そして決戦の8月9日、時刻は朝の9時、やってきたのは近所の用水路。せっかくのマゴチ釣りなので、どうせだったらエサとなるザリガニを自分で捕まえていこうと思ったのだ。埼玉在住なのでザリガニだが、海に面した県だったらハゼを釣ってからいきたいところだ。


1たしかここにザリガニがウヨウヨいたはず。


2いた!15分で捕獲完了!


どれくらいのサイズのザリガニがいいのかよくわからなかったが、自分の器に合わせて小型のみをピックアップ。船でのマゴチ釣りはもっと大きいクルマエビ(サイマキエビ)を使うから、マッカチン(って方言?)クラスでもよかったかのかな(後でわかるが、ぜんぜん良くない)。


 勇竿釣具店で仕掛けとハゼを購入

ザリガニを持って次にやってきたのは、今回の釣りで一番のキーとなる勇竿釣具店。ここでマゴチ釣りの仕掛けと、もう一つのエサである活きたハゼを購入してから釣り場へと向かう作戦なのだが、家を出たのが朝の9時、それからザリガニを取ったりしていたら、到着が12時過ぎになってしまった。ちょっとのんびりしすぎたか。

釣れる時間ってやっぱり朝早くがよかったのかな。ちなみに私の知識だと、エサをつけてポーンと投げて、釣れるのを待っていればいい程度。24時間釣りができる場所なので、気長に待っていれば、そのうち釣れるだろう。


3川崎にある勇竿釣具店。なぜかマグロ屋も直営だ。


4お世話になった池田さん。びっくりするくらいの好青年だ。


5仕掛けは4号のチヌバリ、6号の中通しオモリ、4号のハリス、ヨリモドシがあればいいそうです。


店員の池田さんによると、マゴチは潮が茶色く濁っていれば、昼間でも釣れる確率は高いそうで、今日はばっちり濁っているらしい。また潮はどちらかというと上げ潮が有利なので、満潮を迎える午後3時半くらいまでがいいのではとのことだった。おお、あと3時間もないじゃない。いや、3時間もあれば十分だ。

詳しい釣り場の情報については、東扇島西公園に勇竿釣具店の売店がでているそうなので、そこで確認してくださいとのことだった。ちなみにそこではハゼやザリガニは売っていないので、マゴチをやるならまず本店へ。


6潮が濁っていればザリガニよりもハゼが有利ということなので10匹購入。ハゼは在庫がない場合もあるので要確認。


7ハゼを持ち運ぶにはブクブクと入れ物が必要なので、持参するか購入しましょう。
ザリガニだけなら空のバケツに濡れタオルでも大丈夫。



 売店で最新情報をゲットして釣り場へと向かう

池田さんに教えてもらった東扇島西公園の第一駐車場前へとやってくると、話に聞いていた通り、勇竿釣具店の売店がでていた。釣り具だけでなく、カレーやカップラーメン、カキ氷なども売っている。私が地元の学生だったら、ここでバイトをしていたことだろう。

店員さんに聞いた最新情報によると、マゴチ釣り二回目の親子が、午前中だけですでに3本上げているそうだ。この情報、今日は好調な日なのだとポジティブに受け止めるべきか、時合いは午前中だったとネガティブにとらえるべきか。


8売店は第一駐車場の中にあります。
ちょっと離れたところには第二駐車場もあるので、釣り場が近い方に止めましょう。


9カキ氷、いいなあ。


10デリバリーもやっているらしい。あとでカレーを届けてもらおう。


11水温が28度もあるのか。


12お、@niftyつりのメジャーシールだ。
新しいのに張りかえてもらおうと思ったら、今日に限って持ち歩いていなかった!


13駐車場は24時間止めても800円と安い。


はじめてやってきた東扇島西公園は、釣り場がとても広くて快適。投げ釣りも当然OKで、これなら長い竿でも使いやすそうだ。平日とはいえ八月の夏休みシーズンなので、けっこう人がいるかと思ったら、それほどでもない様子。

このだだっ広い岸壁では、クロダイ、スズキ、カワハギ、シロギスなど、場所ごとにいろいろな魚が狙えるらしい。秋になれば青物が回遊してくるし、冬には大型カレイも釣れるとか。

ここは海釣り公園と銘打っている訳ではないけれど、釣具屋の売店もあるし、入場料は無料だし、24時間釣りができるし、平日だったらそれほど混んでいないようだし、けっこう穴場なのかもしれない。これでマゴチが簡単に釣れるようなら、通いつめてしまう恐れが大だな。


14マゴチ釣り場は防波堤の真ん中あたり。


15反対側もこんなに広い。どこで何が釣れるかは、勇竿釣具店で確認しよう。


16ここの常連だというおっちゃんが、ポンポンと良型のシロギスを上げていた。


ここでのマゴチの釣果を大きく左右する潮の色だが、情報通りいい感じに濁っている様子。ただ、海側から吹いてくる南風がちょっと強いかな。

目標はとりあえずマゴチを1匹。自分ひとりの力だったらまず無理な挑戦なのだが、今日は力強い助っ人がこのあと登場するのである。


17一匹くらい釣りたいな―。


というところで、次回に続きます…。


 一本の竿でいろいろな魚を釣るシリーズ:バックナンバー

【ゆるゆる釣り部】一本でいろいろな釣りに使える釣り竿を買ってみた (第1回)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 前編 (第2回前編)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 後編 (第2回後編)
【ゆるゆる釣り部】スピニングリールでの投げ釣りをマスターしよう with ガルプスティック (第3回)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 前編 (第4回前編)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 後編 (第4回後編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 前編 (第5回前編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 後編 (第5回後編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤から餌木でタコを釣りたい with ガルプスティック (第6回)
【ゆるゆる釣り部】食べるためにウツボを釣りたい with ガルプスティック (第7回)
【ゆるゆる釣り部】夜の防波堤でカニを釣りたい with ガルプスティック 前編 (第8回前編)
【ゆるゆる釣り部】夜の防波堤でカニを釣りたい with ガルプスティック 後編 (第8回後編)
【ゆるゆる釣り部】初心者といくウナギ釣り with ガルプスティック 前編 (第9回前編)
【ゆるゆる釣り部】初心者といくウナギ釣り with ガルプスティック 後編 (第9回後編)


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月22日(月) 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~固定リンク


コラム」カテゴリの記事

入門ガイド」カテゴリの記事

釣行レポート」カテゴリの記事

ガルプスティック」カテゴリの記事

マゴチ」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

最近の記事