本文へジャンプします。



つり通信

堤防、砂浜、海釣り公園。家族や子連れでも楽しめるポイントガイドや、実釣レポートを届けます。

現在位置: つり通信 > 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ > 【ゆるゆる釣り部】防波堤から餌木でタコを釣りたい with ガルプスティック

海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ RSS

2011年6月10日(金)

【ゆるゆる釣り部】防波堤から餌木でタコを釣りたい with ガルプスティック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防波堤から餌木でタコを釣りたい with ガルプスティック


 餌木でタコが釣れるらしい

いきなりですがナゾナゾです。○の中に入る文字を当ててください。

エ○でタ○を釣る。

正解は、ビとイではなくて、ギとコ。

ということで、コンパクトロッドのガルプスティックでいろいろな魚を釣ってみようというこの企画、今回は防波堤での餌木を使ったタコ釣りである。参加メンバーは前回のアナゴ釣りの四人+うちの嫁。家族サービスとしてタコ釣りに誘ってみた。サービスなのかそれは。

防波堤から餌木でタコが釣れるというのはなんとなく知ってはいたけれど、岡っぱりからはイカすら一匹も釣ったことがないのに大丈夫だろうか。というか、「岡っぱり」じゃなくて、「陸っぱり」って書くのか。そんな間違いをするくらい、岡、じゃない、陸っぱりの釣りには自信がない。陸っぱり、さっぱり。

そんな私の強い味方は、今回のナビゲーターを買って出てくれたizuさんだ。izuさん以外は、全員がタコ釣り初チャレンジ。ちなみに名前はizuさんだが、やってきた場所は房総半島の南の方。この港でやるのに深い意味はなく、izuさんが前日からこの近くで釣りをしているからという理由。タコはけっこうどこでも釣れるそうで、場所は千葉でも神奈川でも静岡でもモーリタニアでもいいそうだ。


1_4 ウナギ、アナゴときてのタコ狙い。
鱗のない魚とガルプスティックは相性がいいと思うのだが(個人的感想です)。


 餌木で狙うタコ釣りの仕掛けと釣り方

餌木を使ったタコ釣りのやり方はとてもシンプル。普通のイカ用の餌木(3~4号くらい)に5号前後のオモリをぶらさげたものを投げ、底をズルズルと引きずってくるというのが基本らしい。餌の交換なども不要なので、初心者に最適かもしれない。釣れればだが。たまに大きく竿を動かして、アクションをつけたりするのも効果的。また投げずに防波堤のヘチを探っていく方法もアリ。

タコは底べったりにいる生き物なので、餌木が海底にあることがポイント。餌木の扱いに慣れていれば、オモリをつけずにしっかりと着底するのを待ち、ゆっくりと巻く方法でもいいらしい。ちなみにizuさんは、オモリなしの餌木を使って、ズル引きでタコ、シャクってイカの両狙いだそうだ。

アオリイカ狙いと違って、餌木を激しく動かさなくても、そこにやる気のあるタコがいれば釣れるので、タックルはそれほどこだわらなくても大丈夫。もちろんガルプスティックでも問題なし。


2_2 エギングなんて全然やらないのに、なぜか家にエギがいっぱいあった。


3_3 こちらがizu先生。まだ会うのが二回目だったりする。


4_2 リーダーの先にスナップ付きヨリモドシをつけ、5号のナス型オモリとエギをつなげる。


5_2 オモリをスナップ付きヨリモドシでぶら下げるのもアリ。


リールを巻いている途中にタコが餌木を抱いたようなモターっとした感覚があったら、大きくあわせて海底からタコをひきはがし、一定速度でグリグリと巻き上げる。フィニッシュは岸壁にへばりつかれないようにして、タコタコ上がれと念じながら抜き上げる。大きいものはタモで頭側から掬う。足から掬おうとするとジェット噴射で逃げちゃうよ。


6_2 合わせはこうだ!


7_2 上げる時はこうだ!


izuさんがわかりやすく身ぶり手ぶりを交えて説明してくれるのだが、合わせと上げるときのポーズがなんだかかわいくて、何度もおねだりしてしまった。izuさん、ごめんなさいね。


8_2 アニメーションにしたりして。本当にごめんなさいね。
チャッチャチャチャッチャ、チャチャチャ!



 高確率で乗ってくる…海藻

タコ釣りのやり方がわかったところで釣り開始。ポイントは港内全域。3.5号の餌木に、さらに5号のオモリが加わっているので、投げた拍子に竿先が折れないかなとちょっと不安だったが、私のヘニャっとした投げ方であれば折れることはまずなさそうだ。飛距離も十分。

投げてから数秒待って餌木を完全に着底させ、エビが餌を求めてさ迷い歩く速度をイメージしてリールを巻く。そしてたまにタコの気配を感じてビックリしたエビ風にヒュンと大きく動かす。このとき、できればエビらしく後ろ向きに跳ねさせたいところ。まあできないんだけど。

そんな感じでズリズリズッコロバシと巻いていると、餌木をなにかが押さえつけたような違和感。サンダルのかかとを踏まれた様でもある。まさか一投目からのタコだろうか。一瞬のタメを作ってから、手を上げるように大きくあわせる。

あ、乗った!

……海藻が。


9_2 いきなり釣れた!と思ったら


10_2 海藻!(というのをこの後100回以上繰り返すことになる)


どうも数日前に荒れた影響か、この湾内は海底はどこもかしこもカジメだらけらしい。同行者達も何度も竿を曲げ、そのたびに全員の視線を集めるのだが、それが全部カジメという罠。カジキだったら嬉しいのにね。カジキ、感激!って(ヒデキですね)。

もちろんタコはそんな障害物を住処としているので、カジメがあるのは悪いことではないのだけれど、高確率で掛かり過ぎ。それも掛かった重さや見た目がタコっぽいので(まだ釣っていないので予想ですが)、毎回ドッキリしてしまう。「ドキ!丸ごとタコ釣り!ハズレだらけのくじ引き大会」状態だ。

あぁ、海藻だけに、かーいそう(かわいそう)な私達。と、嫁がいったとか、いわないとか。


11_2 ぴーぴーさんに掛かった!


12_2 と思ったら海藻…


13_2 さすがizu先生!


14_2 と思ったら海藻…



 しかしタコもイカもいた!

izuさんの話だと、タコは寄せて釣る魚ではないので、というか魚ですらないので、タコがいるところを探し歩くのが釣るための重要な要素。少しずつポイントを変えては餌木を投げ続ける。投げた努力に比例して順調に釣れ続けるカジメ。持って帰って風呂にいれてみようかな。たしか内房にある「ばんや」のお風呂がカジメ風呂だった気がする。

釣りを始めて30分。早くもちょっと飽きてきたところで、港内に飛び出た堤防でやっていたぴーぴーさん達から声が上がった。隣のizuさんがなにやら指示をしている様子なので、今度こそ海藻ではないようだ。


15_2 遠くてよくわからないけれど、きっとタコ。


しかし半分ほど寄せたところで、竿はおじぎをやめてしまった。急いで近寄ってみると、餌木にはタコの吸盤が一つ。

惜しい。


16_2 吸盤……ピッチャー、ダルビッシュ(交流戦中)


そしてそのすぐ後、同じ場所で投げていたizuさんの竿に大きなアタリ。しかしエギにしっかりとしたキスマークならぬ噛み痕を残してサヨウナラ。これはタコではなくてイカの仕業だそうだ。イカってああみえて激しいのね。


17_2 中央上にある傷がイカの噛み痕だそうです。


この港内、イカもタコも確実にいる!

そうとわかれば気合も入る。

しかし、その後は投げても投げても海藻ばかり。

こうやって記事を書きながら思い返してみても、回想シーンは海藻シーンばかりなり。


18_2 カジメ釣れすぎ。


19_2 現在までの収穫:イズさんが網ですくったギマ


というところで、お昼前に場所を変えてみることにした。


 別の魚を狙いつつ、引き続きタコを狙う

当初の予定では、最初の場所でタコを景気よく釣り上げてから、移動した先でもう一つの獲物を狙う予定だったのだが(この話は次回書きます)、いまだタコはデコ。こういうのは一匹釣れば気がすむのだが。

仕方がないので、ガルプスティックは投げ釣りに切り替え、バスロッドで引き続きタコを狙うことにした。もはや「with ガルプスティック」ではなく、「without ガルプスティック」なのだが、まあいいか。


20_2 同じくブッコミの投げ釣りをしながら餌木でタコを狙うお二人。


21_2 最初に竿を曲げたのはぴーぴーさん。半端ではない曲がり方だ。


22_2 と思ったら、海藻と捨て網のコンボ。


23_3 餌木がいっぱいくっついていた。わーいわーい。



 ようやく姿を現したタコ

ここの場所もやはり海藻が多く、遠投をすればするだけ海藻の掛かる確率もアップ。そこでチョコンと目の前に投げて、竿を上下させるという船でのイイダコ釣りみたいな小突きをやっていたクモさんの竿にタコがヒット。わお!


24_2 あ、海藻じゃない!


25_3 このシルエットはタコ! が、エギを離した!


26_2 そしてスミを吐いてサヨウナラ。


惜しい。これが自分の身に起きた事件だったら、逃げたタコを追いかけて、そのまま海に飛び込んでしまったかもしれないというくらいに惜しい。

しかし、このドラマはまだ終わらなかった。

諦めずに同じ場所で小突いていたクモさんが同サイズを掛けたのだ。たぶんさっきと同じタコ。

で、また逃げられたのだ。どうやら網を出すのは、エギ部分が水面から出てからじゃないと、タコがびっくりしてエギを離してしまうらしい。

しかし、このドラマはまだ終わらなかった。

諦めずに同じ場所で小突いていたクモさんが同サイズを掛けたのだ。たぶんさっきと同じタコ(この二行はコピペしました)。


27_2 今度こそしっかりネットイン。


28_2 ようやく釣れた嬉しいタコ!Tシャツのプリウスはエコ!


まさかのサンドイッチはおいしい。いや、三度目の正直である。それにしても、水の中からタコが上がってくるという光景、魚を釣るのとはまた違ったインパクトがあるね。あー、うらやましい。


 最初の場所で良型ゲット!

なるほど、本当にエギでタコは釣れるようである。風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話かと疑い出したところなのに、もっと直接的な話だった。目の前で釣られてしまうと、やっぱり自分でも一匹釣りたい。あ、タコって一杯って数えるんだっけ。

タコとは別の本命との戦いを終えたところで、最初のポイントへと戻り、もう一度タコを狙ってみることにした。きっと吸盤が一つ足りないタコが釣れるはず。


29_2 朝まずめで釣れなかったタコが、おやつの時間に釣れるとも思えないが、大切なのは潮が動いているかどうかだそうです。


しかし、戻ってきた港は朝よりも魚の気配がしない上に、風が出てきて釣りづらい。一匹でいいから釣ってやろうと頑張って海藻を釣っていたが、そろそろ体力の限界。エギングなんていう慣れない釣り方をしたせいで右手首が本気で痛くなってきた。

そろそろ諦めて帰ろうと竿を縮めたその時、スロープのところで釣っていたizuさんの呼ぶ声がした。振り返ると海面からプシューと水柱が上がっている。タコ?ねえ、タコなの?


30_2 走りながらの撮影なので写真がボケボケ。


31_2 おお、タコだ!まさか本当に釣れるとは思っておらず、誰もタモを用意してなかったよ。


32_3 タモがくるまでに水を吐きまくるタコ。見ているこっちがハラハラする。


33_3 どうにか間に合って無事ネットイン。


34_3 さすがizu先生、最後の最後に釣るなんて男前!


最後の最後にまさかのナイスサイズ。こんな立派なタコが岡…じゃなくて陸っぱりから釣れるなんて。これは時合いの到来だろうと、縮めてしまったガルプスティックを再度伸ばし、延長戦に突入。こうやって釣り人は帰るタイミングを逃していく。

しかし1時間延長したものの、残念ながら釣果ゼロ。ウナギ、アナゴと無事釣れたので、同じく鱗がなくてニョロニョロとしたタコも釣れると思ったのだが、どうやらタコ釣りと私の相性はよくないらしい。これは私の一方的な片思いなのだろうか。

ここで一曲。

「もうタコなんて釣らないなんて、いわないよ絶対~。」

ということで、タコ釣りは近日中になんらかの方法で再挑戦しようと思います。

諦めません、釣るまでは。


 一本の竿でいろいろな魚を釣るシリーズ:バックナンバー

【ゆるゆる釣り部】一本でいろいろな釣りに使える釣り竿を買ってみた (第1回)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 前編 (第2回前編)
【ゆるゆる釣り部】春限定!ルアーで狙うマルタウグイ with ガルプスティック 後編 (第2回後編)
【ゆるゆる釣り部】スピニングリールでの投げ釣りをマスターしよう with ガルプスティック (第3回)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 前編 (第4回前編)
【ゆるゆる釣り部】近所の川でウナギを釣ろう with ガルプスティック 後編 (第4回後編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 前編 (第5回前編)
【ゆるゆる釣り部】防波堤からアナゴの夜釣り with ガルプスティック 後編 (第5回後編)


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月10日(金) 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~固定リンク


コラム」カテゴリの記事

釣行レポート」カテゴリの記事

ちょい投げ」カテゴリの記事

ガルプスティック」カテゴリの記事

マダコ」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

最近の記事