本文へジャンプします。



つり通信

堤防、砂浜、海釣り公園。家族や子連れでも楽しめるポイントガイドや、実釣レポートを届けます。

現在位置: つり通信 > 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ > 【ゆるゆる釣り部】アユのエサ釣りに初挑戦 前編

海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ RSS

2011年6月28日(火)

【ゆるゆる釣り部】アユのエサ釣りに初挑戦 前編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アユのエサ釣りに初挑戦 前編

⇒後編はこちら


 アユを釣ってみたいのよ

今回はアユ釣りに初挑戦した話。ただしアユ釣りといっても、オトリを使った友釣りではなく、もっとハードルの低そうなエサ釣りである。アユのエサ釣りは、昔から一度やってみたかった釣りなのだが、こういう釣りって誰かの案内がないと場所がなかなかわからないものだったりする。

今年こそはどうにかしていきたいなと思っていた時に、オンラインな友人が千葉県富津市を流れる湊川とやらにアユ釣りにいくというのをIT時代の日記で見かけたので(マイミクの日記っていうことです)、一度も会ったことのない人なのだが、ちょっとついていくことにした。


1 飛田釣具店。ここが釣具屋だと知っていないと絶対通り過ぎる。


六月一日の解禁から少し遅れた12日、まずやってきたのは、千葉県の上総湊駅近くにある飛田釣具店。ここで入漁券を購入するついでに店のおばちゃんに状況を聞いてみたのだが、「昨日、大雨が降っちゃったから、あと二、三日は絶対ダメ!」と、入漁券を売るのを拒む勢い。そうはいっても少しくらいは釣れるでしょと聞いてみても、日を改めた方がいいと再度のダメだし。

地元の釣具屋がここまではっきりというのだから、今日は本当に釣れない日なのだろう。諦めて別の日にというのが正しい選択。勇気ある撤退というやつですか。とはいえ、こっちとしてははるばる埼玉から高速道路に乗ってきているので、そう簡単には諦められない。ここは下見と割り切って、売り渋るおばちゃんから入漁券を購入し、とりあえず目的の湊川へと向かってみることにした。


2 一日券は千円。近かったら絶対年間券を買うんだけどな。


3 このあたりはアユのエサ釣りが盛んらしく、専用の針も売っていた。カエシのないスレ針。


友釣りファンからすると、アユをエサで釣るなんて邪道と思われるかもしれないが、友釣りをはじめるには友釣り用の高い竿が必要な訳で、それは数年前にファンスキーの道具を一式揃えて結局二回くらいしか行かなかった私には危険すぎる。もちろん友釣りもやってみれば、相当おもしろいのだろうけどね。しかしエサでの釣りなら、小学生の頃に埼玉の二級河川でミミズをエサに良型のアユを偶然釣った実績があるので、間違いなく私に向いているはずだ。


 湊川は濁っているので支流へといってみる

釣具屋で入漁券と不安を仕入れたところで、アユのエサ釣りが盛んだという湊川へ。川の様子を見てみると、確かにしっかりと増水しているようで、ビターなカフェオレのように濁っている。この濁りっぷり、アユ釣りではなくウナギ釣りに最適な感じ。なるほど、お店の人の意見はやっぱり正しいようだ。


4 実は同行者もアユ釣りは小学生以来だそうです。


5 見事に茶色い。


それでも諦めきれない我々三人は、どこかいい場所がないかとウロウロし、湊川の支流でアユのエサ釣りをやっているらしき釣り人を発見。

川に降りて話を伺ってみると、ここも増水の影響で食いは相当悪いそうだが、少しはアユが釣れているようである。釣れる可能性がゼロでなければそれで十分。とりあえずここで釣りをスタートしてみることにした。


6 濁ってはいるけれど、ここならアユがいそうかな。


7 上流側はこんな感じ。川幅の狭さがエサ釣りにいい感じ。



 アユのエサ釣り仕掛けは超簡単

アユをエサで釣るにあたって、家にあった釣りの本で仕掛けを調べてみたところ、ノベ竿を使ったウキ釣りがスタンダードなものらしい。糸や針が繊細という以外は、子供の頃にフナやクチボソを釣っていた仕掛けと基本的には同じでいいようである。流れがある場所でやるので、感じとしては繊細なニジマスの釣り堀みたいなものだろうか。

エサ釣りで狙う遡上したての小さいアユは、岩についた苔ではなく、虫などの動物性タンパクを食べてワンパクに育っているのだそうで、エサはシラスが定番のようだ。


8 川幅が狭いので、清流用の4.5メートルの竿から元部分を2本はずして使用。竿の調子とかは気にしないタイプです。


9 とてもシンプルな道具。最近やった釣りだとテナガエビ釣りと同じだ。


10 エサはシラスがスタンダードらしいよ。


11 頭をチョン掛けでいいのかな。


隣でやっている少年が簡単そうに釣っているのを見て、まあエサ釣りだし、こりゃ私でも夕飯分くらいは楽勝だろうなと思ったのだが、見るとやるとでは大違い。

この後、私だけが釣れない時間が延々と続いたのだった。


12 夕飯分くらいは釣りたいな―。


というところで、次回に続きます…。


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月28日(火) 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~固定リンク


コラム」カテゴリの記事

入門ガイド」カテゴリの記事

釣行レポート」カテゴリの記事

アユ」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

最近の記事