本文へジャンプします。



つり通信

堤防、砂浜、海釣り公園。家族や子連れでも楽しめるポイントガイドや、実釣レポートを届けます。

現在位置: つり通信 > 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ > 【ゆるゆる釣り部】話題のマイティバイトってどうなのさ

海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~ RSS

2010年10月 5日(火)

【ゆるゆる釣り部】話題のマイティバイトってどうなのさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のルアー、マイティバイトでシーバスを狙ってみた


 マイティバイトにサイトジャックされた

自分の個人サイトである私的標本がそろそろ更新されていないかなあと見てみたら(自分がしない限り更新されている訳ないのだが)、釣り船代の足しになったらいいなと設置していある広告スペースが、左右二か所とも「マイティバイト」とやらになっていた。なぜに両方。もはやサイトジャック状態である。


マイティバイト
爆釣誘発系ルアーだそうですよ。


ちなみにリンク先のページはこちら。この広告はサイトの内容にマッチングしたものが自動で表示されるもの。ということは、きっとこのサイトを作った私に、もっともマッチングしたルアーがこのマイティバイトなのかもしれない。

もしかしたらこの外国人が僕の本当のおとうさんなのかとすら思えてきた。とかいうと母親に怒られるか。


 マイティバイトを持って釣りに行こう

そんな話をこのサイトの担当者であるニフティのYさんに話したら、「ちょうどサンプルがあるから一緒に釣りに行きましょう」という話になった。なにその偶然。

マイティバイトを持って釣りに行くのはいいのだが、困ったことに二人ともルアー釣りの経験がほとんどない。なんでも釣れるような気がするし、なにを釣ったらいいのかわからない気もするマイティバイト。素人同士で相談した結果、とりあえず近場でネコバス、いやシーバスでも釣ってみましょうという話に落ち着いた。

シーバスなんていうオシャレな呼び方はしたことないが、セイゴやらフッコやらなら、ウナギ釣りの外道で何度も釣ったことがあるので、シーバスだったらルアーでもなんとなく釣れるような気がする。

そして釣り当日、まずキャスティング錦糸町店に寄ってシーバスのポイントを聞き込み調査。ついでにYさんが「僕は比較のために普通のルアーでおすすめのやつを買ってみますよ。」と、大量のルアーの中から隅田川と相性がいいというルアーを購入。


マイティバイト
狙う場所によって相性のいいルアーというのがあるらしいです。


何百もあるルアーの中からその道のベテランである店員さんが選び抜いたルアーと、謎の外国人プロアングラーがパソコンモニタの向こうからオーバーアクションで勧めるマイティバイトの勝負か。新日本プロレスの生え抜き選手と、初来日の外国人覆面レスラーの試合みたいだ。


 隅田川の勝鬨橋にやってきた

シーバスを釣りにやってきたのは、隅田川に架かる勝鬨橋の下。キャスティングの店員さんに教えてもらったいくつかのポイントの中で、電車で一番来やすかったのがここだったのだ。


マイティバイト
勝鬨橋の下で勝ちどきを上げたい。


店員さんの話だと、これからの季節はシーバス釣り入門には最適なのだが、昨日降った大雨の影響で川が濁っていて臭いようなら厳しい戦いになるだろうということだった。

川を見ると、なるほどしっかり濁っていた。そしてちょっと臭いかも。これはシーバスじゃなくてウナギを釣るべきコンディションなのかもしれない。


マイティバイト
ミミズでも買ってウナギを狙いたい。


 マイティバイトをセッティングする

たとえ多少コンディションが悪くても、マイティバイトならきっと釣れるはずさと自己暗示。説明書を見てみると、ちゃんとスズキも対象魚になっているようで一安心。タイもマグロも対象魚らしいけどね。


マイティバイト
こういうのを読んでいるだけでも楽しい。


数種類入っているマイティバイトから、適当と思われるサイズのものを取り出す。これが魚から見ておいしそうなのかはわからないが、私から見るとグミキャンディみたいでおいしそうな気もする。


マイティバイト
きっとお腹の赤い部分はイチゴ味。


マイティバイトの特徴はそのカスタム性らしい。米粒大のパーツを収納できる穴がいくつかあって、そこに音カプセル、においスティック、オモリを埋め込むことができる。さらに胸ビレも4種類から選ぶことができる。パーツ選びはミニ四駆のセッティングでもしている気分でちょっと楽しい。


マイティバイト
重さと音を強調してみようかな。


マイティバイト
セッティング完了。胸ビレがキュートだ。


 このルアーで魚を釣ってみたい

使う竿はシーバス用ロッドなんていうシャレたものは持っていないので、ブラックバスを釣ろうとしたことすらないバスロッド。たぶんこの竿で一番釣った魚はウナギだ。

岸から投げるにはちょっと軽いかなと思ったマイティバイトだが、頭部分にオモリが埋め込まれているので、細いラインならそこそこ飛ぶようだ。本当はもうちょっと長くて柔らかい竿の方がいいのかな。それってシーバスロッドだな。


マイティバイト
本当にここにシーバスがいるんですかね。


マイティバイトを水中に落としてちょっと引っ張ってみると、なるほど魚っぽくクネクネしながら泳いでいる。人間ですら魚と見間違うほどのリアルさだ。

このアメリカの小学生に大人気のグミキャンディみたいなルアーを使って、隅田川でビシッと大物を釣ったら、さぞや気持ちのいいことだろう。


マイティバイト
Yさんはエギング用の竿に普通のルアー。


なるべく遠くに投げる。リールを巻く。手前まで来たらまた投げるの繰り返し。

何度も何度も投げるのだが、生体反応がまったくない。たまに遠くでボラが跳ねるくらい。通りがかりの人に「釣れますか?」と聞かれると言葉に詰まる。もうアカエイでもニシキゴイでもいいから釣れてほしい。


マイティバイト
こっちのルアーに変えてみようかな。


これは隅田川に最適なルアーを使っているYさんも同じで、どうやら非常に期待薄の日に当たってしまったようだ。というか、ろくにルアーフィッシングをやったこともない初心者だけで、いきなり大都会でのシーバス釣りというのがムチャだったか。これが山登りだったら大惨事につながっていたパターンだな。


 そしてまさかのノーバイト

日が暮れてもマイティバイトを投げ続ける。ルアー釣りってちゃんとやるの初めてだけれど(ちゃんとやっているのかが不安だが)、ルアーだとエサとりのアタリもないし、なかなかストイックな釣りだね。

でもこれでガバっとシーバスが食いついたら気持ちがいいんだろうなとは思う。


マイティバイト
魚釣りをする景色じゃないね。おー、メガロポリス。


「次こそは当たるだろう」「今度こそ食われてくれ」という願いもむなしく、ポツポツと降りだした雨はすぐに本降りとなってゲーム終了。二人してまるっきりノーバイト。本物の魚のように泳ぐマイティバイトの動きは信頼できると思うのだが、いかんせん今日は魚がいないようだ。

結局なにも釣れなかったけれど、食べるわけでもないのにシーバスを狙う人の気持ちがちょっとわかったような気がする。

もしマイティバイトで何種類もの魚を釣ることができたなら、対象魚種にあわせた実績のある普通のルアーで釣るのとは違った喜びがあるだろうなとも思った。そう、初期のプロゴルファー猿が、一本のクラブで裏プロとの勝負に勝ち抜いていったように。


マイティバイト
ライトアップに魚が集まると思ったんだけどね。


マイティバイトが「よく釣れる爆釣ルアー!」なのかどうかはわからないけれど、「これで釣ってみたい変わったルアー!」ではあるので、今後もいろいろな釣りに持っていってみようと思う。今度なにか釣れたら、アメリカンなオーバーアクションの記念写真を撮ってやるぜ。

とりあえず、オフィシャルサイトのハイテンションな動画は、一度みる価値がある気がする。

五感直撃ルアーマイティバイト、信じるか信じないかは、あなた次第です(いきなり都市伝説風に)。

マイティバイトのハイテンションな動画はコチラからチェック

※現在マイティバイトを三名様にプレゼント中!
 応募期間は終了しました。当選者は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。


文・写真:玉置豊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月 5日(火) 海釣り公園や人気のエギングなど陸っぱりのことなら ~ 陸っぱり道 ~固定リンク


釣行レポート」カテゴリの記事

シーバス」カテゴリの記事

東京湾東京エリア」カテゴリの記事

玉置豊のゆるゆる釣り部」カテゴリの記事

最近の記事